JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2011/09/09

アジア最終予選/ロンドンオリンピック予選 第4戦(vs朝鮮民主主義人民共和国女子代表)
試合結果、監督・選手コメント

2011年9月8日(木)15:30キックオフ(現地時間)
Shandong Sports Center(中国/済南)

日本女子代表 1-1(前半0-0) 朝鮮民主主義人民共和国女子代表

得点経過
83分 オウンゴール(日本)
90+2分 失点 

スターティングメンバー
なでしこジャパン
GK
1 海堀 あゆみ(INAC神戸レオネッサ)

DF
2 近賀 ゆかり(INAC神戸レオネッサ)
3 岩清水 梓(日テレ・ベレーザ) 
4 熊谷 紗希(FFCフランクフルト/ドイツ)
15 鮫島 彩(ボストン・ブレーカーズ/アメリカ)

MF
11 大野 忍(INAC神戸レオネッサ)
6 阪口 夢穂(アルビレックス新潟レディース)
10 澤 穂希(INAC神戸レオネッサ)
8 宮間 あや(岡山湯郷Belle)

FW
9 川澄 奈穂美(INAC神戸レオネッサ)
17 永里 優季(1. FFCトリビューネ・ポツダム/ドイツ)

サブメンバー
なでしこジャパン
GK
12 福元 美穂(岡山湯郷Belle) 

DF
5 矢野 喬子 (浦和レッズレディース)

MF
14 上尾野辺 めぐみ(アルビレックス新潟レディース)
13 宇津木 瑠美(モンペリエHSC/フランス)
16 田中 明日菜(INAC神戸レオネッサ)
19 高瀬 愛美(INAC神戸レオネッサ)

FW
7  安藤 梢(FCR2001デュイスブルク/ドイツ)
18 丸山 桂里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉)
20 永里 亜紗乃(日テレ・ベレーザ)

選手交代
53分 11 大野 忍→7  安藤 梢

なでしこジャパン

監督・選手コメント

佐々木則夫監督 試合後記者会見コメント
 耐える展開となったが、選手たちはよくやってくれた。スキルコンディションも含め、これが今の日本と北朝鮮の違い。勝ち点1を『得た』と言わなくてはいけないかもしれない。相手のペースに合わせることなく、ピッチをワイドに使って展開するまでの準備はよかったが、高い位置で起点をつくることができず、ミスも多かった。パスの意図やボールへのサポートももうひとつ足りなかった。次の中国戦。全力で勝ちにいく。

澤穂希選手
 厳しい試合だったが、勝てた試合だった。自分たちのミスで最後に点を入れられてしまい、悔しい形で終わってしまった。前半の最初はすごく良いけど、相手のペースになってくると、なかなか自分たちのサッカーがうまくできなくなっている。
 ただ負けなかったことは大きかったので、それをプラスに捉えたい。今日の悔しい気持ちは忘れず、明日から気持ちを切り替えて自分たちのサッカーができるようにしていきたい。

永里優季選手
 先制点を取るまでは、勝ち点3を取りに行くサッカーができていたと思っている。ただ最後の局面で消極的な形に入ってしまうと、積極性を失ってどうしてもああいう形になってしまう。そういった面でメンタル的なコントロールが難しかった。
 厳しい試合展開だったが、安藤選手が入ってから自分のポジショニングを少し前にし、背後に出られるようにプレースタイルを変えた。こうしたことがつながり、得点を生み出せたのではないかと思う。

岩清水梓選手
 90分間のなかで、自分たちが思う100%のサッカーができた回数は結構少なかった。久々に朝鮮民主主義人民共和国と試合をしたが、相手の球際の強さや出足の早さなど、これまでとギャップがあった。もう少しボールを回したかったが、プレッシャーも早く、改善ができなかった。これから良い準備をして、もう1回チームで修正をし、最終戦を迎えたい。