JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ

トピックス

2011/09/11

4勝1分無敗で予選を突破しロンドンへ
アジア最終予選/ロンドンオリンピック予選 第5戦(vs中国女子代表)試合結果、監督コメント

2011年9月11日(日)19:00キックオフ(現地時間)
Jinan Olympic Sports Centre (中国/済南)

日本女子代表 1-0(前半0-0) 中国女子代表

得点経過
57分 田中明日菜(日本)

スターティングメンバー
なでしこジャパン
GK
12 福元 美穂(岡山湯郷Belle) 

DF
5 矢野 喬子 (浦和レッズレディース)
3 岩清水 梓(日テレ・ベレーザ)
13 宇津木 瑠美(モンペリエHSC/フランス)
15 鮫島 彩(ボストン・ブレーカーズ/アメリカ)

MF
9 川澄 菜穂美(INAC神戸レオネッサ)
14 上尾野辺 めぐみ(アルビレックス新潟レディース)
16 田中 明日菜(INAC神戸レオネッサ)
8 宮間 あや(岡山湯郷Belle) (C)

FW
19 高瀬 愛美(INAC神戸レオネッサ)
20 永里 亜紗乃(日テレ・ベレーザ)

サブメンバー
なでしこジャパン

GK
1 海堀 あゆみ(INAC神戸レオネッサ) 

DF
2 近賀 ゆかり(INAC神戸レオネッサ)
4 熊谷 紗希(FFCフランクフルト/ドイツ)

MF
11 大野 忍(INAC神戸レオネッサ)
6 阪口 夢穂(アルビレックス新潟レディース)
10 澤 穂希(INAC神戸レオネッサ)

FW
7  安藤 梢(FCR2001デュイスブルク/ドイツ)
18 丸山 桂里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉)
17 永里 優季(1. FFCトリビューネ・ポツダム/ドイツ)

選手交代
HT  宮間→安藤
62分 川澄→永里
77分 高瀬→丸山

なでしこジャパン

なでしこジャパン

監督・選手コメント

佐々木則夫監督コメント
 ロンドンオリンピックに向けた最初のスタートという位置づけで試合に臨んだ。運もあったが、若い選手たちがそれぞれの特徴を見せながらも1-0という結果で試合に勝利してくれた。ワールドカップ後、短い時間のなかで準備をし、ハードなアジア予選を戦うというこれまでにない経験ではあったが、小さな娘たちが、2大会を勝ち抜く結果を残してくれた。質の部分ではスキルコンディションを含め、まだまだやるべきことがあり、課題が残った。試合後、選手たちには、本当にお疲れ様という言葉と感謝の気持ちを伝えた。ここからがロンドンに向けた新たなスタート。なでしこリーグや全日本女子選手権など、強い意識を持って臨んでもらいたい。

宇津木瑠美選手
 久々にCBで出て、戸惑った時間帯もあったが、岩清水選手がリーダーシップを取ってくれて助かった。CBで出場したことで、次に中盤に入ったとき、CBの人の気持ちもわかるので、すごく勉強になったし、今後直していかなければいけない部分が見つかったので良かった。また、サイドハーフの守備がチームにとってどれだけ重要かというのも分かった。これからサイドハーフの人と連携をとっていかなければいけないし、それがチーム全体のカギになってくると思う。

田中明日菜選手
 今日は内容や勝ちにこだわるというのが自分のアピールにつながると思っていたので、そこを意識してやっていたけど、まだまだ納得のいかないゲームだった。もっとボールを引き出せれば良かったし、やっぱり縦に早くなってしまったので、そこは自分がもっとボールを受けて、サイドチェンジをすべきだった。
 (ゴールシーンについて)最初はニアに走り込んで合わせようと思った。けど、ファーに岩清水選手がいて、折り返しがくるかなと思って準備をしていたらこぼれてきたので、あとは当てるだけだった。個人的には不満の残る内容だったが、点を取れたことは良かった。

高瀬愛実選手
 FWだったので、足元で受けたり、裏に抜けるプレーを意識した。でも、もっとゴール前で仕事がしたかったし、受けるとこでは相手のプレッシャーに負けたり、激しいプレーに耐えられなかったりとかが多く、納得のいくプレーができなかった。FWが高い位置で受けられると、2列目とかが前向きでプレーできるので、そういうプレーが増えればいいと思う。これからまた争いが始まるので、自分のチームでしっかり試合に出て、結果を出して、評価してもらえるようにがんばりたい。