JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2011/09/22

男子サッカーアジア最終予選/ロンドンオリンピック予選
U-22日本代表 対 U-22マレーシア代表 試合結果、監督・選手コメント

2011年9月21日(水) 20:00キックオフ
鳥栖スタジアム(ベストアメニティスタジアム)

U-22日本代表 2 - 0 (前半1 - 0)  U-22日本代表

得点経過
10分 東 慶悟
76分 山崎 亮平

スターティングメンバー
U-22日本代表

GK
1 権田 修一(FC東京)

DF
4 酒井 宏樹(柏レイソル)
13 鈴木 大輔(アルビレックス新潟)
12 濱田 水輝(浦和レッズ)
 2 酒井 高徳(アルビレックス新潟)

MF
17 清武 弘嗣(セレッソ大阪)
8 山村 和也(流通経済大学)
3 扇原 貴宏(セレッソ大阪)
10 東 慶悟(大宮アルディージャ)

FW
9 大迫 勇也(鹿島アントラーズ)
14 原口 元気(浦和レッズ)

サブメンバー
GK
18 安藤 駿介(川崎フロンターレ)

DF
5 比嘉 祐介(流通経済大学)
6 高橋 祥平(東京ヴェルディ)

MF
15 山田 直輝(浦和レッズ)
16 山口 螢(セレッソ大阪)

FW
7 山崎 亮平(ジュビロ磐田)
11 永井 謙佑(名古屋グランパス)

選手交代
59分 大迫→永井
68分 東→山崎
81分 扇原→山口

U-22日本代表

監督・選手コメント

関塚監督
勝ち点3を奪ってスタートできたことと、集中して(試合に)入れて、無失点だったことが収穫。
2次予選後、所属クラブで好調な選手を、マレーシアに対してのゲームプランを考えた上で起用した。(得点以外に)前半には3度の決定機があったが、追加点を奪えなかったことが課題。決めるべきときに決めることの重要性をハーフタイムにも話した。今後は内容ある試合をして勝ち抜くことが成長につながる。

原口元気選手
もっと点が取れたので満足していない。もっとスムーズにゲームを運ばないといけない。次はゴールを挙げたい。誰もが評価をしてくれる結果を残したい。ゴールがほしい。

山村和也選手
早い段階で点が取れていい形で入れた。センターリングに対して自分を含めたボランチが(ゴール前に)入り込めたら、もっとチャンスになった。相手はしっかり引いて守っていたので中央から崩すことができなかった。ボールを奪ってからミスを改善して、しっかりとつなぐようにしていきたい。

永井謙佑選手
点が入るときはシンプルにプレーできているとき。(得点は)練習でやってきたことができたから。次のアウェーは厳しい。しっかりと準備をして勝ちたい。

山崎亮平選手
初戦だったので難しい試合になったが、勝ち点3を取れて良かった。2点目をもっと早く取れれば、もっと良かった。チャンスがあったので、シュートを積極的に打つべきだった。(次に向けて)コンビネーションや個人のレベルをアップしたい。