JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2011/12/08

第2回世界女子フットサルトーナメント 予選第3戦(vsアルゼンチン)
試合結果・監督コメント

2011年12月7日(水) 16:00キックオフ(現地時間)
@Paulo Sarasate(ブラジル/フォルタレザ)

日本フットサル女子代表  1-1(前半0-1) アルゼンチンフットサル女子代表

日本フットサル女子代表

得点者:
佐藤 楓(HOYOスカラブFC)

スターティングメンバー
GK
本多 さかえ (Aventura川口)

FP
中野 絵美 (arco-iris)
渡辺 夏奈 (カフリンガボーイズ東久留米)
坂田 睦 (SWH LADIES)
中島 詩織 (アトレチコ・マドリッド・ナバル・カルネロ(スペイン))

試合内容

前半から日本のペースで進んでいたがアルゼンチンのロングボールからの攻撃に何度かゴールを脅かせられた。その後日本にもチャンスがあるが決め切れずにいるとアルゼンチンのロングボールが味方の判断を遅らせ、ヘディングで決められてしまう。
1点のビハインドで前半を折り返すと、後半左からのボールに佐藤が滑り込んで合わせ同点とする。
その後は日本が押し気味の試合内容だったが決定機を決められずタイムアップ。
得失点差でBグループ4位となり、明日Aグループ3位のベネズエラと対戦することになった。

この結果、日本は予選リーグ4位で下位トーナメントへの進出が決定しました。

その他の順位
Aグループ:1位 ブラジル、2位 スペイン、3位 ベネズエラ、4位 アンゴラ
Bグループ:1位 ポルトガル、2位 ロシア、3位 アルゼンチン、4位 日本

監督コメント

在原正明監督
前半のロングボールからの失点がその後も影響した形となった。なんとか1点取り返したが決定力に問題があるので同点にするのがやっとだった。
南米選手権の準優勝チームのアルゼンチンに対してと考えるのならばこの結果でも良いだろうが日本が目指しているところを考えると満足できる試合ではない。
次の試合に勝てばアルゼンチンと再戦出来るチャンスがあるので最後まで頑張りたい。

日本フットサル女子代表

今後の試合予定

12月8日(木) 14:00 予選リーグ下位トーナメント第1戦vsベネズエラ
12月9日(金) 予選リーグ下位トーナメント第2戦