JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ

トピックス

2011/12/10

第2回世界女子フットサルトーナメント 順位決定戦(5位)
試合結果・監督コメント

2011年12月9日(金) 15:00キックオフ(現地時間)
@Paulo Sarasate(ブラジル/フォルタレザ)

日本フットサル女子代表  3-2(前半1-0) アルゼンチンフットサル女子代表

日本フットサル女子代表

得点者:
14分 江口 なおみ(SWH LADIES)
23分 中島 詩織(アトレチコ・マドリッド・ナバル・カルネロ/スペイン)
34分 渡辺 夏奈(カフリンガボーイズ東久留米)

スターティングメンバー
GK
本多 さかえ (Aventura川口)

FP
井野 美聡  (arco-iris)
渡辺 夏奈 (カフリンガボーイズ東久留米)
佐藤 楓  (HOYOスカラブFC)
中島 詩織   (アトレチコ・マドリッド・ナバル・カルネロ/スペイン)

試合内容

予選リーグで引き分けたアルゼンチンとの再戦は選手が「リベンジだ!」っと意気込む気迫の試合内容となった。
先制は日本、江口のトリッキーなシュートだった。この先制点で日本に勢いが出て前回失点したロングボールにも対応し失点を許さなかった。

後半に入っても日本の勢いは止まらず27分に中島が追加点を挙げる。しかしすぐにアルゼンチンが1点を返すと嫌な空気が漂い始める。その3分後にさらにアルゼンチンに1点追加され同点にされる。
このまま同点で終わってしまうのかと思った34分渡辺が3点目を挙げ、その後日本がアルゼンチンを守り切り勝利した。
この結果日本は5位でこの大会を終えた。

監督コメント

在原正明監督
この試合の勝利は今後またこの大会に参加できる時にとても重要な勝利でした。
大会としてはベスト4を目標にして達成は出来ません出来ませんでしたが、最後に2連勝出来たことは今後の日本女子フットサルの可能性が広がったと思います。
今後はこの大会で得た課題を選手たちが各チームに持ち帰り、また女子フットサル界でも共有して今後の活動につなげていけたらと思っております。
この活動を行うに際し、ご協力くださった関係各位、また所属チームの方々に感謝致します。

日本フットサル女子代表