JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2011/03/18

U-22日本代表ウズベキスタン遠征メンバー

スタッフ

監督
関塚 隆  セキヅカ タカシ SEKIZUKA Takashi 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
小倉 勉 オグラ ツトム OGURATsutomu 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

アシスタントコーチ
武藤 覚 ムトウ アキラ MUTO Akira 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

GKコーチ
藤原 寿徳 フジワラ ヒサノリ FUJIWARA Hisanori 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

フィジカルコーチ
里内 猛 サトウチ タケシ SATOUCHI Takeshi 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

選手

Pos. 選手名 (アルファベット表記) 
生年月日 身長 体重 所属

GK
権田 修一 ゴンダ シュウイチ GONDA Shuichi 
1989.03.03 187cm 83kg FC東京

守田 達弥 モリタ タツヤ MORITA Tatsuya 
1990.08.03 191cm 82kg  京都サンガF.C.

安藤 駿介 アンドウ シュンスケ ANDO Shunsuke 
1990.08.10 185cm 78kg 川崎フロンターレ

DF
比嘉 祐介 ヒガ ユウスケ HIGA Yusuke 
1989.05.15 168cm 68kg 流通経済大学

山本 康裕 ヤマモト コウスケ YAMAMOTO Kosuke 
1989.10.29 177cm 76kg ジュビロ磐田

村松 大輔 ムラマツ タイスケ MURAMATSU Taisuke 
1989.12.16 176cm 77kg 清水エスパルス

濱田 水輝 ハマダ ミズキ HAMADA Mizuki 
1990.05.18 185cm 80kg 浦和レッズ

本田 慎之介 ホンダ シンノスケ HONDA Shinnosuke 
1990.06.23 187cm 78kg ジュビロ磐田

酒井 高徳 サカイ ゴウトク SAKAI Gotoku 
1991.03.14 176cm 74kg アルビレックス新潟

扇原 貴宏 オウギハラ タカヒロ OGIHARA Takahiro 
1991.10.05 180cm 61kg セレッソ大阪

岡本 拓也 オカモト タクヤ OKAMOTO Takuya 
1992.06.18 174cm 73kg 浦和レッズ

MF
青木 拓矢 アオキ タクヤ AOKI Takuya 
1989.09.16 179cm 73kg 大宮アルディージャ

清武 弘嗣 キヨタケ ヒロシ KIYOTAKE Hiroshi 
1989.11.12 172cm 66kg セレッソ大阪

山村 和也 ヤマムラ カズヤ YAMAMURA Kazuya 
1989.12.02 184cm 75kg 流通経済大学

山田 直輝 ヤマダ ナオキ YAMADA Naoki 
1990.07.04 166cm 64kg 浦和レッズ

東 慶悟 ヒガシ ケイゴ HIGASHI Keigo 
1990.07.20 178cm 69kg 大宮アルディージャ

山口 螢 ヤマグチ ホタル YAMAGUCHI Hotaru 
1990.10.06 173cm 72kg セレッソ大阪

米本 拓司 ヨネモト タクジ YONEMOTO Takuji 
1990.12.03 177cm 67kg FC東京

宇佐美 貴史 ウサミ タカシ USAMI Takashi 
1992.05.06 178cm 69kg ガンバ大阪

FW
永井 謙佑 ナガイ ケンスケ NAGAI Kensuke 
1989.03.05 177cm 74kg 名古屋グランパス

山崎 亮平 ヤマザキ リョウヘイ YAMAZAKI Ryohei 
1989.03.14 171cm 66kg ジュビロ磐田

大津 祐樹 オオツ ユウキ OTSU Yuki 
1990.03.24 180cm 73kg 柏レイソル

大迫 勇也 オオサコ ユウヤ OSAKO Yuya 
1990.05.18 182cm 70kg 鹿島アントラーズ

スケジュール

3月26日(土) vsU-22ウズベキスタン代表
3月29日(火) vsU-22ウズベキスタン代表

関塚監督のコメント

 初めに、今回の震災でお亡くなりになられた方々をお悔み申し上げます。また、そのご家族や現在も避難されている多くの方々に対しお見舞い申し上げます。
 このような状況の中、今回の遠征に対しご協力をいただいた各選手やクラブを始め、対戦国となるウズベキスタン協会など、関係各所の方々に多大なる感謝をしております。同じアジアの国々だけでなく、世界各国のサッカーファミリーからは多くの励ましの言葉をいただいております。改めて人々の絆の重要性を実感したのと同時に、我々も日本を代表する身として、少しでも日本の皆さまのお力になれるよう邁進する所存です。
 サムライブルーは、チャリティーマッチを通じて義援金を募り、震災にあわれた方々の支援を考えています。我々U-22日本代表は、ウズベキスタンに遠征し、厳しいアウェーの環境下でしっかりとチーム強化を図り、今後のオリンピック予選へとつなげていきたいと考えております。そして、全員で力を合わせ必死に戦うそのプレーを通じて、被災地の方々に勇気や活力を与えられるように努力して参ります。