JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/04/13

U-19日本代表 UAE遠征 チームレポート(4月10日、11日)

4月10日(火)

いよいよ本日はU-19UAE代表との国際親善試合です。キックオフは夕刻17:45ということもありチームは午前中にホテルの周りを散歩して体操を行いました。

U-19日本代表



昼食後にはミーティングを行い、吉田監督は選手たちに「日本とは全く違うこの環境の中でも自分達のサッカーがどこまでできるのかトライしよう。」と話しました。

U-19日本代表

試合会場はEmirate Culture & Sports Club Stadium。白と赤を基調としたデザインで非常に近代的なスタジアムです。

U-19日本代表

U-19日本代表
(山橋コーチの合図とともにウォーミングアップする選手たち)

U-19日本代表
(スターティングメンバー)

17:45定刻に試合がキックオフしました。

U-19日本代表は立ち上がりの部分で硬さが目立ちボールをキープすることができません。逆にU-19UAE代表は試合開始5分、9分と日本代表チームのミスを突き、立て続けに得点を重ねていきました。
U-19日本代表チームはキャプテンを務める大島選手や杉本選手を中心に大きな声を出してチームの結束を図ります。
硬さもとれ徐々に落ち着きを取り戻したU-19日本代表はボールを長い時間保持して試合の主導権を握り始めます。

U-19日本代表

そして前半34分、ディフェンスラインからボールを回して長短のパスを織り交ぜ左サイドを突破、最後は杉本選手がゴールキーパーの頭上を越えるループシュートを決めました。
この1点で試合の主導権はU-19日本代表チームに傾き、早いリズムでパス交換を繰り返し次々と相手陣内に攻め込みます。
しかしながら最後のシュートを決めることができずに1対2で試合を折り返します。
吉田監督は「リズム自体は悪くないから最後のフィニッシュを確実に決めていこう。」とハーフタイムに話し、選手を送り出しました。
大島選手はこの時「2点を取られたけどその後にチームは下を向かずに盛り返すことができて前半を終えられたので後半はいける気がした。」と感じたそうです。
U-19日本代表は後半立ち上がりから相手選手に激しくプレッシャーをかけてボールを奪い、早い攻撃を繰り返します。
67分には1点目同様に杉本選手が、そして71分にはコーナーキックのこぼれ球に犬飼選手が反応して得点。最後は82分、杉本選手が自身ハットトリックとなる4点目を決めて試合は終了。
吉田監督は「立ち上がりの部分はまだまだだけど、このような逆転勝利はチームに自信をもたらしてくれる。選手たちは良く頑張ったと思う。」と試合を振り返っていました。

この試合にはRas Al Khaimahに在住されている日本人の方々がスタンドから熱い応援をチームに送ってくれました。
皆さんの熱い声援に感謝いたします。
明日は地元クラブEmirate Culture & Sports Clubとのトレーニングマッチを行います。

4月11日(水)

昨日の国際親善試合から一夜が明け、本日はEmirate Culture & Sports Clubとトレーニングマッチを行いました。
昨日の試合同様に夕刻17:45キックオフということもありチームは散歩と体操を午前中に実施しました。

U-19日本代表

試合前のミーティングでは「昨日の試合と同じことを繰り返さないように、試合の開始1分目から全力で戦おう。」と吉田監督は選手に話をしました。

U-19日本代表

U-19日本代表
(ウォームアップ前に山橋コーチの指示を聞く選手達)

U-19日本代表
(スターティングメンバー)

昨日と同様に17:45に試合開始。
試合前のミーティングで吉田監督から話があった通りに試合開始直後からU-19日本代表はリズムをつかみ、次々と相手ゴールに攻め込みます。細かなパスミスから相手のカウンター攻撃を受ける場面もありましたがDF高橋選手、GK櫛引選手が体を張ったプレーで相手の攻撃を食い止めます。リズムをつかみ主導権を握るものの最後のシュートを決め切れずにいましたが、前半終了間際の42分、ドリブル突破した榊選手が自分で持ち込み、そのままシュートを決めて1点を先制します。
良い形で前半を終えたU-19日本代表は前半同様に後半も立ち上がりから果敢に攻め込み相手陣内に襲い掛かります。
2点目は終了間際の86分。榊選手のパスを受けた荒野選手がゴールキーパーと1対1になり冷静にシュートを決めて試合終了。
「1得点1アシストは素直にうれしいです。でもまだまだミスが多いし修正しなくてはいけないことが沢山あります。」と榊選手。吉田監督は「気温なども関係しているかもしれないがすべての面で「遅い」試合だった。攻守の切り替え、パススピードなどもっともっとスピードアップをしなくてはいけない。」と試合を振り返りました。

本日の試合後にはチーム全員で日本食レストランに行って気分転換。

U-19日本代表

久しぶりに食べる白米に選手たちは喜んでいました。
4月10日、11日と連日で試合をこなした選手達にとって良い栄養補給になったのではないでしょうか。

明日はトレーニングを行い、翌13日にはUAE遠征最後の試合、U-19UAE代表との2戦目に臨みます。