JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/04/20

U-17日本女子代表中国遠征 第2戦 試合結果、監督・選手コメント

試合結果

大会名
国際親善試合

日時
2012年4月20日(金)15時キックオフ(現地時間)

場所
中国、南京@江蘇省サッカー協会トレーニングセンター

試合
45分ハーフ

結果
U-17日本女子代表 1-4(前半0-3) 江蘇省華泰女子足球倶楽部

得点経過
8分: 失点
19分:失点
31分:失点
69分:13 伊藤 美紀(常盤木学園高校)
87分:失点

画像の説明

画像の説明

スターティングメンバー
GK
1 井上 ねね (JFAアカデミー福島)
DF
21  中井 仁美(日ノ本学園高校)
6 乗松 瑠華(JFAアカデミー福島)
3 土光 真代(日テレ・ベレーザ)
4  三宅 史織(JFAアカデミー福島)
MF
8 隅田 凜(日テレ・ベレーザ)
16 中村 みづき(浦和レッズレディースユース)
7  成宮 唯(JFAアカデミー福島)
11 籾木 結花(日テレ・ベレーザ)
14 長谷川 唯(日テレ・メニーナ)
FW
20 白木 星(常盤木学園高校)

後半スターティングメンバー
GK
12 平尾 知佳(JFAアカデミー福島)
DF
5 万屋 美穂(日ノ本学園高校)
6 乗松 瑠華(JFAアカデミー福島)
3 土光 真代(日テレ・ベレーザ)
2 清水 梨紗(日テレ・メニーナ)
MF
8 隅田 凜(日テレ・ベレーザ)
17  平田 美紀(常盤木学園高校)
11 籾木 結花(日テレ・ベレーザ)→【65分】13 伊藤 美紀(常盤木学園高校)
7  成宮 唯(JFAアカデミー福島)→【65分】18 井上 綾香(河内ジュベニール)
10 増矢 理花(JFAアカデミー福島)
FW
9 佐々木 美和(常盤木学園高校)

サブメンバー

15 守屋 都弥(JFAアカデミー福島)
19 畑中 美友香(FCヴィトーリア)

*交代はフリー
※江蘇省華泰女子足球倶楽部は地元のクラブチームで、中国トップリーグ所属。昨シーズンの成績は2位で、中国女子代表メンバーも数名在籍。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

監督・選手コメント

吉田監督
今回は中国の各年代代表を5人ずつ程擁する、プレッシャーと身体的強さのある強いチームとの試合ができて良かった。
こちらが思ったようにプレーできないという中でプレーできたのは良い経験となった。昨年のAFCの大会でも失点ゼロのこのチームが、前半に3失点を喫し、後半はメンバーが変わったこともあったが1-1で終えた。1試合を通して多くの課題が出た試合だった。このキャンプでは、1試合目の中国との試合にも負けはしたが、なかなか今までに負けたことのないチームが負けたことで、違った意味での良いゲームになったと言える。
相手チームは思ったよりもプレッシャーが激しく、技術もしっかりしていた。そして、自分たちがしたいことができなかった。今までは自分たちがやりたいことをやれる試合が多かったが、今日の試合では、ちょっとしたミスからピンチを招くことが多かった。このちょっとしたミスをなくして失点を防ぐことが重要、というのを選手たち自身が確認できたと思う。

成宮唯選手
おとといの試合は、立ち上がりがとても悪く、流れを相手に与えてしまっていたので、今回の試合は立ち上がりを意識した。
個人的にはパスミスや、観ること、ポジショニングなどたくさんの課題が出た。ピッチ状況が悪くても、ブレないテクニックをしっかり身につけ、360度全体を観ることができる選手になりたい。
チームとしては、ディフェンス時のボールの奪い方や、2人以上が関わった背後への飛び出しが課題だ。もっとチーム全体でイメージを共有して、1つ1つ克服していきたい。
そして、失点した後の空気が良くないので、1失点した後こそ、みんなで盛り上げていきたい。
残り1試合は、内容的にも満足できる試合にして、良い雰囲気で締めくくりたい。

乗松瑠華選手
今日は華泰女子足球倶楽部というクラブチームと試合をした。いつも試合をする相手と違い、スピードやフィジカルがあり、テクニックもあるチームだった。
ゲームの入り方が、チーム全体的に焦っていたように感じる。チーム全体がボールの取りどころを共有できていなかったため、FWがボールを奪いに行っても、後ろが準備できておらず、相手の展開を許してしまうことが多かった。
相手は1人1人とてもスキルが高かったので、自分たちのちょっとしたミスや不注意で点を決められた。
そして、個人的には3ラインの距離感と、個々の距離感が悪いと感じた。だから、明日の試合はチーム全体の距離感を意識して、周りの人のポジショニングにも気を使えるようにしたい。

隅田凜選手
前回の試合は、後ろ手のパスミスなど、入りが悪かったので、今日の試合では立ち上がりはシンプルにと思って試合に入った。
しかし、思ったより相手はスピードがあり、ポゼッションもうまかったので、最初からボールを回されてしまった。奪った後もボールの出しどころがなく、また奪い返されてしまうことが多かったので、失点につながったと思う。
個人的にはボランチのポジションだったので、周りのバランスとサイドチェンジを意識したが、FWとのスペースなどが空いてしまい、うまくバランスがとれなかった。
相手は中盤でダイレクトで回すことができたり、裏へのボールでゴールまで行くことができたりしたが、これは自分たちに足りないところだと思った。後半になり足が止まってしまったが、負けていたのだからもっと点を取りに前から行くべきだった。
U-17で負けたことは(この中国遠征までに)全然なかったので、すごく悔しかった。だから明日は絶対に勝ちたい。