JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/06/03

U-19日本代表 南アフリカ遠征 チームレポート(6月1日、2日)

6月1日

CAPE TOWN U-20 International tournamentも大会8日目を迎え、本日から決勝トーナメントが始まりました。
U-19日本代表チームはU-19アルゼンチン代表と、そしてもう一方の準決勝は前回大会優勝のU-19ブラジル代表とホスト国であるU-19南アフリカ代表との戦いとなりました。

画像の説明
U-19日本代表は夕刻の試合に備えて午前中はホテル敷地内にて軽く体を動かし、試合前にミーティングを行ってから試合会場であるAthlone Stadiumに向かいました。

画像の説明
ミーティングで吉田監督は「ブラジルと同様に世界の強豪国と再び試合ができるチャンスが巡ってきたのも自分達で予選を突破して勝ち上がってきたからだ。こんな相手と試合ができるチャンスを絶対に無駄してはだめだ。試合後に「良い経験でした」で終わらせてはいけない。必ず勝とう」と選手に語りました。

画像の説明
ウォーミングアップの前に山橋コーチの話を聞く選手達

画像の説明
試合前の両チーム

画像の説明
試合は現地時間18時にキックオフ。
「とにかく激しく戦うことを意識しました」と試合後に橋本選手が振り返ったように、U-19日本代表は開始直後から積極的に相手陣内へプレッシャーを掛け、ボールを奪うとサイドから素早い攻撃でアルゼンチンゴールを脅かします。

最後のシュートの場面ではアルゼンチン代表の体を張った守備にあいゴールこそ奪うものはできないものの、試合は日本ペースで進んでいきます。
時折受けるアルゼンチン代表の鋭いカウンター攻撃にもゴールキーパーの中村選手、センターバックの岩波選手、高橋選手を中心とした堅い守備でゴールを許しません。
前半は両チームともに無得点のまま終了しました。

「非常に良い内容で前半は戦えた。でも今までの日本代表の先輩たちもここまではできていた。ここからさらに勝つためにはゴールが必要だしもうひと踏ん張りが必要だ。最後まで集中して戦おう」と吉田監督はハーフタイムに檄を飛ばしました。

後半も前半同様にU-19日本代表のペース。1対1の場面では球際に激しくプレッシャーをかけてボールを奪い、長短のパスを織り交ぜて素早いカウンター攻撃を繰り返して行きます。
ボールを保持し良いリズムで進んでいたU-19日本代表ですが後半79分、アルゼンチン代表に左サイドからフリーキックのチャンスを与えてしまいました。ゴール中央に上がったセンターリングに対して日本ディフェンス陣はヘディングでクリアをしますが、そのこぼれ球をアルゼンチン代表に拾われてそのままシュート。1点を先制されてしまいます。

その後、吉田監督は久保選手、田鍋選手、榊選手と攻撃的な選手を次々と交代で投入し、U-19日本代表チームは得点を狙いに行きますが、最後まで集中力を切らさずに体を張った守備をみせるアルゼンチン代表からゴールを奪うことができません。
4分のアディッショナルタイムでもゴールを奪うことはできずにそのまま試合は終了。
U-19日本代表チームは0対1で敗れてしまいました。

画像の説明
「選手は頑張り最後まで戦ったと思う。確かに良い試合だったけど最後は負けてしまうということはやはりまだレベルの差があると感じた。そこを忘れずに明日からの練習に励まなくてはいけない」と吉田監督は試合を振り返りました。

画像の説明
またこの試合には平日の金曜日にも関わらず在南アフリカ共和国日本大使館/在ケープタウン出張駐在官事務所の皆さまをはじめ、多くの在留邦人の方々にスタジアムにお越しいただき熱いご声援を戴きました。皆さん、ありがとうございました!

もう一つの準決勝戦、U-19ブラジル代表対U-19南アフリカ代表との試合は2対2のまま90分で決着がつかずに延長戦に突入。それでも決着がつかずに勝負の行方はPK戦にゆだねられました。結果、PK戦を4対3でブラジルが制して試合が終了。
この結果6月3日に行われる決勝戦ではU-19ブラジル代表対U-19アルゼンチン代表、3位決定戦ではU-19日本代表対U-19南アフリカ代表が行われることになりました。


6月2日

画像の説明
昨日のアルゼンチン戦を終えたU-19日本代表チームは、明日6月3日に行われる3位決定戦、U-19日本代表対U-19南アフリカに向けてトレーニングを行いました。

画像の説明
いつもの通りにリカバリー組とトレーニング組の二つのグループに分かれて約1時間、気持のよい汗を流しました。

画像の説明
本日はここケープタウンでの最後のトレーニングということもありトレーニング終了後には記念撮影を実施。トレーニングにご協力を頂いた現地関係者、グランド関係者の方々を囲んで記念撮影を行いました。

「長かった遠征だけど強豪国とたくさん試合ができたし非常に充実した毎日でした。明日は開催国である南アフリカとの試合でたくさんのお客さんも来てくれると思うので楽しみです」と熊谷選手。

5月25日に開幕したCAPE TOWN U20International tournamentもいよいよ明日が最終日となり、U-19日本代表チームはU-19南アフリカ代表と3位決定戦を14:00よりCape Town Stadiumにて戦います。
U-19日本代表チームに熱いご声援をお願いいたします。