JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/06/14

ビーチサッカー日本代表候補 沖縄トレーニングキャンプレポート(2012.06.04-08)

 6月16日より海陽(中国)で開催される第3回アジアビーチゲームズに挑むビーチサッカー日本代表候補は、フィリピン東の海上で発生した台風3号の影響により、5日から予定していたトレーニングキャンプの日程を一日早め、4日夜に沖縄入りしました。

6月5日(火)

 5日の午前中は、ホテル内のジムでトレーニングを行いましたが、幸いにも台風が南寄りに進み暴風域を免れたため、午後からは予定通りビーチでトレーニングを行うことができました。

画像の説明
(午前中はホテル内ジムでトレーニング)

午後は、ビーチのコート設営も完了し、コートを使用した精力的な走り込みを行いました。

画像の説明
(ビーチでのトレーニングに励む選手たち)

 5月のオマーン/ブラジル遠征でコリンチャンス、FCバルセロナ、サントス、ACミランといった世界の名門クラブと対戦し、課題として挙げられたフィジカル面の強化をすべく、厳しいトレーニングを実施しました。

6月6日(水)

 台風3号が通過し、一転して真夏のような暑さと日射しが戻ったビーチでは、前日に続きフィジカル面の強化を目的としたサーキットトレーニングを行ないました。

画像の説明
(インタビューに応じる河原塚毅選手)

画像の説明
(基礎練習を行う選手たち)

画像の説明
(サーキットトレーニング)

画像の説明
(設置されたバーを飛び越える小牧正幸選手)

午後の練習ではラモス監督も選手に交じり、実戦トレーニングを行ないました。

画像の説明
(コート内で選手のプレーを確認するラモス監督)


6月7日(木)

 3日目の午前中は、分厚い雲に覆われる中、引き続きビーチでハードなトレーニングを行いました。

画像の説明
(コンディションを確認するラモス監督)

 キャンプも3日目となり、徐々に疲労の色が出始めた選手たちでしたが、自らを鼓舞しながら懸命にトレーニングを消化していきました。

画像の説明
(ステップを踏む當間正人選手)

画像の説明
(リフレッシュ目的で行われたゲーム)

午後もひたすらサーキットトレーニングを行ないました。

画像の説明
(ポールを通過する坂口健人選手)

 トレーニング終了後、ラモス監督の計らいで、コート周辺でボール拾いなど手伝ってくれていた地元の女子中学生と試合を行いました。

画像の説明
(試合後、女子中学生と握手をするラモス監督)

6月8日(金)

 キャンプ最終日はフィジカルトレーニングとゲーム形式のトレーニングを行いました。
 ゲーム形式のトレーニングではラモス監督もチームに入り、「さすが!」と思わせるプレーを随所で披露しました。また、プレーの修正点があるときは一旦試合を止め、選手たちに歩み寄り具体的な指示を与えました。

画像の説明

画像の説明
(攻撃の仕掛け方を意識した実戦トレーニング)

画像の説明
(フィジカルトレーニングを終えた選手たち)

画像の説明
(海で消耗した体を冷やす選手たち)

 台風3号の影響によりキャンプの実施が危ぶまれましたが、結果的には予定通り全日程を無事終了することができ、目標のアジアンビーチゲームズ優勝に向けて良い準備ができました。