JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/07/22

大津の決勝ゴールでメキシコに競り勝つ
国際親善試合 U-23日本代表vsU-23メキシコ代表 試合結果

2012年7月21日(土)現地時間14:10キックオフ(日本時間22:10)
会場:City Ground Stadium (英国/ノッティンガム)
U-23日本代表 vs U-23メキシコ代表 2 - 1 (1 - 1)

画像の説明

【得点者】
前半1分:東
前半39分:ファビアン
後半42分:大津

【メンバー】
GK 1 権田
DF 4 酒井宏 13 鈴木 5 吉田 2 徳永
MF16 山口 3 扇原 17 清武 10 東 14 宇佐美
FW11 永井

【サブメンバー】
GK18 安藤 22林
DF 8 山村 12 酒井高 20 大岩
MF 6 村松 10 東 21 米本
FW 7 大津 9 杉本 15 齋藤 19 山崎

【交代】
HT:宇佐美→齋藤
後半22分:扇原→山村
後半24分:永井→大津
後半34分:徳永→酒井高
後半41分:東→杉本

画像の説明

試合後コメント

関塚隆監督
力のあるチームと対戦できた貴重な試合だった。前半はいい形から先制できたが、その後は攻め込まれた。マイボールになっても前線に運べなかった。後半は右サイドが出ていく場面が多くなった。
選手たちは体を張って粘り強くプレーしてくれた。最後までチームが戦い抜くことができたことは大きな収穫だった。
(壮行試合からの)3試合を本戦に生かしていきたい。

大津祐樹選手
途中からだったが、絶対に結果を出したいと思ってピッチに入り、イメージ通りのゴールができて良かった。
セカンドボールを拾うことと、前線で体を張ることが大事だと思っていた。(ゴールは)自分のアイデアで打った。
相手も予測していなかったし、(シュートの)音的に入ったと感じた。初戦(スペイン戦)が大事。勝ち切れるのが日本の強みなので、自信を持ってがんばりたい。

東慶悟選手
前半はいい入りができて、いい形で点が取れて良かった。(得点は)ゴール前で合わせるだけだった。
本大会では追いつかれてはいけない。大津が最後決めてくれて良かった。責任と誇りを持って毎試合プレーしようと思っている。スペイン戦のピッチに立ったら、精一杯やって(ゴールを)決めれるようにしたい。
強い相手ばかりだが、いい準備をして全力で戦いたい。

吉田麻也選手
個人的に90分できて良かった。(親善試合の)最後を勝って終われて、次への弾みになる。決めるべき選手が決めてくれて、DF全員が集中して体を張って守れたことが良かった。もう少しコンパクトにできるように、スペイン戦に向けて修正したい。DFのラインコントロールとセットプレーの確認をもう1度したい。
初戦(スペイン戦)が大事なので、僕らは僕らの色を出せるように、がんばっていきたい。