JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/08/01

なでしこ、グループ2位で準々決勝へ

なでしこジャパン日本女子代表チームは7月31日、ロンドン・オリンピック大会グループステージ最終戦で南アフリカと0-0で引分けてF組2位で準々決勝に進むことが決まった。
F組もう一つの試合はスウェーデンがカナダと2-2で引分け、日本はスウェーデンと勝点5で並んだが、得失点でスウェーデンが上回り首位で抜けた。
この結果、日本は8月3日の準々決勝で、この日と同じカーディフのミレニアムスタジアムでE組2位のブラジルとベスト4入りをかけて戦うことになった。

すでにグループステージ突破を決めていた日本は先発メンバーを大きく入れ替え、前2試合に先発していたMF澤、MF川澄、FW大野、GK福元らをベンチに置き、それまで出場機会のなかった選手を起用して臨んだ。
前2戦に続いて先発したMF宮間、第2戦スウェーデン戦後半に交代出場したMF田中、この日、左サイドに入ったFW岩渕らを中心に新たなプレー展開が期待された。だが、2連敗で大会敗退が決まっていた南アフリカにボールポゼッションでは圧倒しながらも、お互いのプレータイミングが今一つかみ合わず、なかなか思い切った攻撃を仕掛けられない。

画像の説明

それでも前半12分、同18分にFW安藤が右SB近賀、MF高瀬からのボールを受けてシュートを打つが相手ゴールネットは揺らせない。
同32分には、左サイドから岩渕がファーサイドの高瀬へクロスボールを入れ、これをクリアしようとしたDFフィラカジのボールが自陣へ流れる場面もあったが、GKムンダヴェニがゴールマウスでなんとかボールを押さえた。
その5分後、この日左SBを務めたDF矢野が攻め上がってロングレンジのシュートを放つが、これも相手GKに止められた。
オリンピック初出場の南アフリカは、前2試合(スウェーデンに1-4、カナダに0-3の負け)の激戦による疲労からか、動きが重い。
それでも、前半20分、同23分にMFモディセがミドルレンジから日本ゴールを狙ったが、どちらも枠の外に流れ、前半41分に右サイドをMFローが抜けてゴール前にクロスを入れるが、DF熊谷が落ち着いた対応で切り抜けた。

画像の説明

後半開始早々には岩渕が相手からボールを奪ってペナルティボックスの外からゴールを狙ったが、枠を捉えることはできなかった。
その後、日本は58分に岩渕に代えてMF川澄を投入。77分には宮間に代えてMF阪口をベンチから送り込んだ。
65分には丸山の折り返しからFW安藤がシュートを打つが、相手DFに当たってポストの外に流れ、その1分後にCKからボールをつないでMF田中がヘディングで狙った。田中は82分にもCKをヘディングで狙ったが、いずれもゴールネットを揺らすことはなかった。
一方、南アフリカは72分に再びモディセがロングレンジのシュートを放つが、GK海堀を負かすには及ばなかった。
終盤、日本はボールキープを続けながら、後半ロスタイムには丸山に代えてFW大儀見を投入したが、そのままネットを揺らすことなく、試合はスコアレスドローで終了した。

文:木ノ原 句望