JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/08/01

佐々木監督、カーディフでの連戦を歓迎

ロンドン・オリンピック女子サッカーで7月31日、日本はグループステージ最終の南アフリカをスコアレスドローで終えてF組2位でコマを進めた。
日本女子サッカー初の金メダル獲得を狙う日本は、グループ2位終了で準々決勝のブラジル戦も再びカーディフでプレーすることになった。

佐々木監督は、「準々決勝に向けていい準備となるようと試合に臨んだ。次の試合のコンディションを考慮したとき、8時間かけて移動するよりも、ここに残ることだと思った。普通に試合を始め、同グループのもう一方の試合経過を見て必要とあらば試合途中からドローを狙おうという心づもりでスタートした。後半、僕の指示に従い、選手はよくやってくれた。準々決勝は何が何でも勝ってベスト4のステージにチームを連れて行く」と話した。

グループ1位通過では、ウェールズのカーディフからスコットランドのグラスゴーへ長時間かけて移動して試合というハードな日程になっていた。
「応援してくれている人々には申し訳なかったが、戦略的指示は僕の責任。次はスペクタクルなプレーを選手に出させることに全力を尽くして、お返ししたい」と佐々木監督は言った。
さらに、「われわれはオリンピックでは挑戦者であって、金メダル獲得を達成するためには、そういう準備や狙いというのも、ゲームの中にあり得るのではないか」と話し、この日は、中2日で試合が続く大会日程も考慮して、先発7人を変更する大胆なターンオーバーも採用した。
「ピッチに全員が立ち、オリンピックの空気の中でプレーすることが出来た。どのくらいプレーコンディションがあるか見たかったが、一人ひとりの見極めができた」と語った。

グループステージ3試合すべてに出場したMF宮間は、「グループステージ突破を2戦目で決められることも、なかなか簡単ではないが、全員がピッチに立てたことが一番素晴らしかった。メンバーがガラッと変わってしまうと難しい試合になってしまうとは思っていたが、それぞれが自分の長所とトライできていたと思う」と話した。

ケガから復帰して五輪チーム入りをしていたFW丸山は、「五輪では何があるか分からない。金メダルを取るためには、そういう戦いも絶対必要だし、みんな納得してやった。日本の応援もすごく多くて、ピッチに立ったときは、いろいろと思い出したりして泣きそうになった。とにかく思い切り、自分が持っているものを全部出そうと思って立ったので、課題ももちろんあるが、思い切りという面では良かった」と振り返った。

左SBで先発したDF矢野は、「絶対に失点しないと決めていた。1回試合をして、この雰囲気に慣れるということもあるので、その面では自信につながったと思う。ここに残っていい準備ができるというのは大きい」と指摘した。

FW安藤は言う。「今日の試合の個人としての反省はいろいろある。それを次の決勝トーナメントで、しっかり仕事ができるようにしたい」

なでしこ

DF岩清水は、「これから相手はもっと強くなる。もっと詰めていかなきゃいけないことはたくさんある。ここからが勝負だと思っている」と言った。

なでしこ



文:木ノ原句望