JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/08/08

男子五輪、メキシコに逆転負けで3位決定戦へ

日本男子五輪チームは8月7日のロンドンのウェンブリースタジアムで行われたロンドン・オリンピック準決勝でメキシコに1-3で逆転負けを許し、初の決勝進出はならなかった。
この結果、日本は1968年メキシコ大会以来となる銅メダル獲得をかけて10日にカーディフで韓国と3位決定戦を戦うことになった。韓国はマンチェスターで行われた、もうひとつの準決勝でブラジルに0-3で敗れた。

U-23日本代表

1968年メキシコ大会3位決定戦以来の顔合わせとなった準決勝で、日本は大津のゴールで前半12分にリードを奪う。素早いパス交換から抜け出した大津が、ペナルティエリアの外でMF東からボールを受けて、今大会3得点目となる、強烈な一撃を叩きこんだ。
しかし、連戦の疲労からか、日本は全般に動きが重く、これまでのような鋭いプレッシングもできず、強力なボランチ2枚で網を張る中盤では、なかなかゲームを組み立てることができない。
次第にメキシコにペースを握られ、FWペラルタ、FWドスサントス、MFファビアン、MFアキノらの速い攻めに苦しめられる時間が増え、前半31分にはドスサントスの右CKにゴール正面にいたファビアンが頭で合わせて同点にされた。

日本は前半終盤にMF清武がミドルから狙い、後半5分には清武のシュート跳ね返りをMF山口が詰めてペナルティボックス外から狙ったが、ボールは左ポストの外に流れた。
メキシコは準々決勝でセネガルに延長勝ちして68年大会以来のベスト4に進出していたが、疲労を感じさせない動きで試合の主導権を握り、後半20分には追加点を奪う。
左サイドのチャベスからの折り返しを中央で受けたペラルタがシュートを放ち、GK権田がセーブした。この直後、GKからボランチの扇原へ出たボールを、ペラルタが素早く寄せて奪い、そのままボックス外で右足を振り抜いて日本ゴール左へ決めた。

U-23日本代表

反撃に出たい日本は、東、山口が後半20分過ぎにシュートを打つが決められない。さらに、ベンチからFW杉本、MF宇佐美、MF斉藤を送り込み、攻撃の選手を厚くしてゴールを狙うが、ミスも多く、チャンスを作ることができない。それでも後半41分に斉藤が杉本からボールを受けてシュートを放つが、枠を捉えることはできない。
メキシコはロスタイム3分に右サイドをペラルタが崩して途中出場のコルテスにパスを出し、コルテスが右から日本ゴール左隅へチーム3点目を流し込んで、決勝進出を決めた。



文:木ノ原 句望