JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/08/16

U-19日本代表 SBSカップ国際ユースサッカー レポート

8月13日(月)

8月12日(日)の夜に静岡県静岡市内に集合したU-19日本代表チーム。
本日から8月15日(水)までの3日間はトレーニングを行い、チームは8月16日(木)から始まるSBSカップ国際ユースサッカー2012に参加いたします。

SBS国際ユースサッカーは1977年にSBS静岡放送開局25周年を記念し日本と韓国の高校親善大会としてスタートしました。その後世界の強豪国代表チームも参加するなどして今では30年以上を数えるほどの歴史あるユース年代の国際大会です。日本をはじめ世界中の多くの選手がこの大会を経て各国のA代表選手となりプレーをしています。

チームは前日の移動の疲れをとる目的で午前中にコンディション調整中心のトレーニングを、そして午後からは大会初戦に向けて早速、実践的なトレーニングを行い気持のよい汗とともに初日を終えました。

U-19日本代表
(ボールポゼッションのトレーニングを行う選手達)

SBSカップ国際ユースサッカー2012は今年で36回目を迎えます。
本年はU-19日本代表をはじめ、18歳以下の選手で構成される静岡ユース、そして世界の強豪国であるU-19ポルトガル代表とアジアの最大のライバル国であるU-19韓国代表の4チームで開催されます。
U-19日本代表チームに熱いご声援をお願いします。


8月14日(火)

2日目を迎えたU-19日本代表チーム。本日は午前と午後にそれぞれトレーニングを行いました。
午前中のトレーニング前にはミーティングを実施。チームコンセプトの確認を行い、その中で吉田監督は「11月に行われるAFC U-19選手権まで残された時間はあとわずか。少しの時間も無駄にしないで1回1回の練習を大事にしてほしい。」と選手に訴えていました。

U-19日本代表
(ミーティング風景)

午前中は小雨が降りしきるあいにくの天気でしたがウォーミングアップから始まり戦術トレーニング、シュート練習と非常に白熱し熱のこもったトレーニングが行われました。

U-19日本代表
(ウォーミングアップ風景)

トレーニング終了後には吉田監督、キャプテンの遠藤航選手がそれぞれメディアのインタビュー対応を実施。遠藤選手は
「オリンピックの試合を見ていたらますます世界大会に出場したくなりました。何としてもアジア予選を突破して来年に行われるU20 FIFAワールドカップに出場したいです。」
と強い抱負を語っていました。

U-19日本代表
(インタビューに答える遠藤選手)

午後のトレーニングはチームコンセプトをベースとした戦術トレーニング、セットプレーの確認等を行い1時間強で終了。非常に良い雰囲気の中、チームは2日目のトレーニングを終えました。
日本代表は引き続き明日もトレーニングを行い8月16日に行われるSBSカップ国際ユースサッカー初戦のポルトガル代表戦に向けて準備を行います。
U-19日本代表に熱いご声援をお願いします。


SBSカップ国際ユースサッカー2012大会マッチスケジュール

8月16日(木)(藤枝総合運動公園サッカー場)
16:00K/O 静岡ユース 対 U-19韓国代表
18:20K/O U-19日本代表 対 U-19ポルトガル代表

8月17日(金)(草薙陸上競技場)
16:00K/O U-19日本代表 対 静岡ユース
18:20K/O U-19ポルトガル代表 対 U-19韓国代表

8月19日(日)(エコパスタジアム)
15:00K/O U-19日本代表 対 U-19韓国代表
17:20K/O 静岡ユース 対 U-19ポルトガル代表