JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/08/21

「また世界に挑戦しよう」 吉田監督との約束
ヤングなでしこ(U-20日本女子代表)代表活動日記

初戦のメキシコ戦を控えた前夜、興味深いものが用具部屋の前の壁に貼ってあった。一枚の大きな紙。その下には「心をふるい立たす言葉を書こうスペース」と書いてある。
聞けば選手たちが自発的に初戦のメキシコ戦前に始めたのだという。

ヤングなでしこ

なるほど。口で発すると照れてしまいそうだが、視覚で捉(とら)えることで言葉以上に伝わりやすい。そして記憶にも残りやすい。
チームや個人によってモチベーションの上げ方は様々だが、1つの方法としてシンプルながら、インパクトがある。大人げなく胸の高鳴りを覚えた。

2010年9月16日、それはトリニダード・トバゴで行われていたU-17女子W杯の準々決勝、アイルランド戦の前日のこと、そこによく似たものがあったことを思い出した。
選手たちでミーティングで話し合ったことを書き出した紙には、個々の思いが赤字で記されていた。その試合を2-1で勝利したU-17日本女子代表は、最終的に同大会で準優勝。
主要な世界大会で、日本女子サッカー史上初となるメダルを獲得したのだった。

ヤングなでしこ

今回のヤングなでしこには、当時のメンバーの内10選手が選出されている。
決勝が終えた彼女たちが泣きじゃくるロッカールームで、現在のU-20日本女子代表でも指揮を執る吉田弘監督が言った言葉を鮮明に記憶している。
「みんな、その悔しさを忘れないで、もっと成長して、また世界に挑戦しよう」。

あれから約2年後の今、ヤングなでしこは19日に北中米の強豪メキシコに快勝し、自国開催となるU-20女子W杯で上々のスタートを切った。なでしこジャパン顔負けの技術と躍動感に驚いたサポーター、ファンが多くいたと聞く。まだまだ本大会を通じて選手たちは成長すると確信している。ぜひスタジアムに足を運んでもらい、応援をお願いしたい。

そして自分も、不思議な縁に導かれるように吉田監督の下、U-20日本女子代表のスタッフの一員として、また一緒に仕事をさせてもらっている。幸運にも訪れた2度目の機会。淡々と一生懸命にチームと共に戦いたい。



ヤングなでしこ(U-20日本女子代表)スタッフ