JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/08/22

FIFA U-20女子ワールドカップ group A
ヤングなでしこ(U-20日本女子代表)vs U-20ニュージーランド女子代表 試合結果・コメント

2012年8月22日(水)19:20キックオフ
@宮城県/宮城スタジアム

ヤングなでしこ 2 (前半1-2) 2 U-20ニュージーランド女子代表

ヤングなでしこ

得点経過
11分 失点
15分 失点
37分 MF9  田中 陽子
71分 FW13 道上 彩花

スターティングメンバー
GK
1  池田 咲紀子(浦和レッズレディース)
DF
3  木下 栞(日テレ・ベレーザ)
5  浜田 遥(スペランツァFC大阪高槻)
17 髙木 ひかり(早稲田大学)
20 土光 真代(日テレ・ベレーザ)
MF
6  仲田 歩夢(INAC神戸レオネッサ)
7  藤田 のぞみ(浦和レッズレディース)(C)
8  猶本 光(浦和レッズレディース)
9  田中 陽子(INAC神戸レオネッサ)
FW
10 横山 久美(岡山湯郷Belle)
13 道上 彩花(常盤木学園高等学校)

サブメンバー
GK
12 武仲 麗依(INAC神戸レオネッサ)
21 望月 ありさ(日テレ・メニーナ)
DF
4  坂本 理保(浦和レッズレディース)
15 中村 ゆしか(関東学園大学)
16 和田 奈央子(浦和レッズレディース)
MF
2  加藤 千佳(浦和レッズレディース)
14 柴田 華絵(浦和レッズレディース)
19 中里 優(日テレ・ベレーザ)
FW
11 田中 美南(日テレ・ベレーザ)
18 西川 明花(FC高梁吉備国際大学)

選手交代
29分 6  仲田 歩夢 → 18 西川 明花
60分 10 横山 久美 → 14 柴田 華絵
77分 7  藤田 のぞみ → 11 田中 美南

警告
50分 7  藤田 のぞみ


選手・監督コメント

吉田監督
ヤングなでしこ
勝てなくて残念。先制点と2点目を取られ、プレーに余裕がなくなった。焦りが出てしまい、点を取るのに時間が掛かかり、文字通り厳しい試合になった。道上の得点(同点弾)は、本人とチームにとって大きかった。
自分たちのリズムでやれているときは非常に良かったが、ミスをしたり失点しても、自分たちのプレーを最後までやれるようにはなっていない。(決勝までの)6試合が全ていい試合とは限らない。切り替えができるようにしたい。追いつけるだろうという自信があったので、選手をいかに落ち着かせるかを考えていた。しかし、こういう経験を積んだことは大きい。

藤田のぞみ選手
ヤングなでしこ
序盤から相手が高い位置からプレスしてきて、セカンドボールをこちらが拾えなかったことが前半のポイントとなった。この入りの部分の悪いところが重なり、失点してしまった。ニュージーランドのようなパワーのあるチームは、前半の序盤で勢いがあるので、このような試合展開がある。それに対してバランスよく守り、ボールを奪った後しっかりつなぐことが重要。そして、前半を失点なしで終らなければあとで苦しくなる。
後半は前半の良くないところを修正できていたと思う。絶対に追いつける自信もあったし、下を向かずにプレーに取り組んだ。勝ち点1を取れたことは良かった。ハーフタイム時にはあわてずに後半、絶対に同点にできるとみんなで言い合った。
引き分けたことで相手があれだけ喜んだことにはびっくりしたが、おそらくなでしこの結果で私たちもそう(世界のトップレベルと)思われているのだろう。しかし、この年代ではベスト8が最高の成績なので、自分たちの力を過信せず、チャレンジャーとして今後の試合にも臨みたい。

道上彩花選手
ヤングなでしこ
最後の宮城の試合で得点を決めることが出来て良かった。チャンスが来ると感じていたので、キッカーの陽子に自分のところに蹴ってもらうよう合図を送っていた。絶対に追いつけると思って、みんなを信じてやった結果がゴールに結びついた。自分だけのゴールではなく、チームみんなで取ったゴール。勝ち切れなかったことが非常に悔しいが、終わってしまったことなので、次の試合に向けてしっかり準備をしたい。しっかりグループリーグ突破を決めて、しっかり次に繋がるプレーをしたい。

田中陽子選手
ヤングなでしこ
この試合でグループリーグ突破を決めることができなかったのはすごく悔しい。なかなか自分たちの思うようにいかなかった。とにかく相手に当たっても良いのでシュートを打てば何かが起きると思ってシュートした。
(被災地宮城で2試合行ったが)自分自身も東北に住んでいたし、頑張ろうと思った。すごく楽しくプレーさせてもらった。福島ではすごくいろんな方にお世話になった。こういうところで元気な姿を見せることが出来て良かった。次の試合では絶対にグループリーグ突破を決め、決勝トーナメントに進みたい。