JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/08/27

FIFA U-20女子ワールドカップ group A
ヤングなでしこ(U-20日本女子代表)vs U-20スイス女子代表 試合結果・コメント

2012年8月26日(日)19:20キックオフ
@東京都/国立競技場

ヤングなでしこ 4 (前半1-0) 0 U-20スイス女子代表

ヤングなでしこ

得点経過
30分 MF9  田中 陽子
47分 MF9  田中 陽子
52分 FW18 西川 明花
84分 MF8  猶本 光

スターティングメンバー
GK
1  池田 咲紀子(浦和レッズレディース)
DF
3  木下 栞(日テレ・ベレーザ)
5  浜田 遥(スペランツァFC大阪高槻)
15 中村 ゆしか(関東学園大学)
20 土光 真代(日テレ・ベレーザ)
MF
8  猶本 光(浦和レッズレディース)
9  田中 陽子(INAC神戸レオネッサ)
14 柴田 華絵(浦和レッズレディース)
FW
10 横山 久美(岡山湯郷Belle)
11 田中 美南(日テレ・ベレーザ)
13 道上 彩花(常盤木学園高等学校)

サブメンバー
GK
12 武仲 麗依(INAC神戸レオネッサ)
21 望月 ありさ(日テレ・メニーナ)
DF
4  坂本 理保(浦和レッズレディース)
16 和田 奈央子(浦和レッズレディース)
17 髙木 ひかり(早稲田大学)
MF
2  加藤 千佳(浦和レッズレディース)
6  仲田 歩夢(INAC神戸レオネッサ)
7  藤田 のぞみ(浦和レッズレディース)(C)
19 中里 優(日テレ・ベレーザ)
FW
18 西川 明花(FC高梁吉備国際大学)

選手交代
HT  13 道上 彩花 → 18 西川 明花
53分 9  田中 陽子 → 19 中里 優
72分 19 中里 優  → 4  坂本 理保

選手・監督コメント

吉田監督
ヤングなでしこ
最初の得点が大きかった。横山に蹴るように言っていたが、田中陽の思いと自信がゴールにつながった。勝てて良かった。引かれて攻めきれなかったのが課題。もう少しサイドを崩してチャンスをつくり、点が取れたらと思う。次の試合に向けて、(グループリーグ)3試合をやっている選手のコンディションの調整がポイントになる。

土光真代選手
ヤングなでしこ
無失点で終えることが出来てDFとして嬉しい。前半はボールをうまくサイドに展開したり出来て良かったが、後半は相手が引いてきた中で崩しきれなかったし、自分たちのパスミスやトラップミスが多かった。決勝トーナメントに進むにあたり、細かいプレーに目を向け、自分たちのミスから失点しないように改善していきたい。たくさんの方が応援に来てくださり、その期待に応えようと思ってプレーしていた。
(次の韓国戦に向けて)AFCU-16女子選手権の際に韓国と対戦し、厳しい戦いを強いられたが、韓国のU-20女子代表はもっとレベルも高いと思うのでしっかり戦いたいと思う。

西川明花選手
ヤングなでしこ
国立で点を取れたのは嬉しい。途中から出場したが、もっと得点が欲しかった。(ゴールシーンは)最初からゴールを狙ってシュートを打った。U-20日本女子代表には今年の2月に初召集されたが、ワールドカップに出場していることは当時は想像できなかった。ワールドカップで1点取れてほっとしているが、まだ次があるので、次の試合で勝てるようにもっと頑張りたい。

田中陽子選手
画像の説明
1点目の得点シーンは、力を入れずに蹴ろうと思って蹴ったら、思っていたコースにボールが飛んだ。先制点を取ったことで、チーム全体でプレーに余裕が出来たので良かった。
2得点目は左足でボールを蹴ったが、あのような蹴り方をしたのは初めて。思った通りに蹴れた。国立競技場でかつ大観衆の中でプレーをするのは初めてだったので、楽しくプレーしようと心がけた。グループリーグ3試合は苦しい状況もあったが粘り勝ちし、決勝トーナメントに進むことが出来て良かった。
(次戦の対戦相手の)韓国は粘り強く勢いもあるので、タフな試合になると思う。チームとしては、攻め急がず、慎重にかつ失点しないようにし、日本らしい仕掛けるプレーや運動量で勝負したい。

ヤングなでしこ