JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/10/05

【U-17女子日本代表】準々決勝ガーナ戦 前日監督・選手コメント

吉田弘監督コメント

U-17

(決勝トーナメントの試合は)グループステージのようには行かないだろう。どのチームもグループステージに比べてフィジカル面、技術面で更に高いレベルとなるが、1試合1試合日本のサッカーをやって勝利できれば嬉しい。

-チームのコンディションは? 
全体的に良い。コンディションを崩していた選手数名も戻ってきており、チーム全体のコンディションは良くなってきている。

-ガーナをどう分析しているか?
フィジカル能力が高く、スピードもあるチームだと思う。注意すべきプレーヤーも何人かいることはわかっている。相手の特長を抑えつつ、日本のサッカーが出来るようにしたい。

成宮唯選手コメント

グループステージ3試合を終え、選手により出場時間が異なるが、ガーナ戦に向けて皆コンディションは上がってきている。
ガーナはフィジカルが強く、身体能力が高いイメージ。明日の試合も積極的にゴールを仕掛けていきたい。
(出場するポジションが)サイドハーフならサイドハーフの、ボランチならボランチの役割を考えてプレーしたい。
アフリカのチームとは初めての対戦となるが、自分たちらしいサッカーをしたいと思う。

増矢理花選手コメント

コンディションは万全である。
ガーナは、身体能力やスピードが自分たちより上回っていて裏への飛び出しが危険だと思う。
明日の試合は楽しみのほうが大きい。自分たちより相手のほうがフィジカルは上回っていると思うので、自分たちはテクニックを発揮して早い段階で先制点を取り、自分たちの流れで試合を行いたい。

三宅史織選手コメント

自分たちが攻撃をしている時にしっかりとリスクマネジメントをし、相手のカウンター攻撃を受けないようにしたい。また、DFとして守備陣の裏を取られないようにケアしたい。
明日の試合は無失点抑え、かつ自分たちのサッカーをして勝ちたい。