JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2012/11/13

U-19日本代表 AFC U-19Championship UAE 2012 活動レポート(11/11)

11月11日(日)

FIFA U-20ワールドカップ トルコ2013出場権獲得に向けて、最後の関門となるイラク代表との決戦の日を迎えました。

スタジアムに向かう前にホテルで行われたミーティングで吉田監督は選手たちを前にして、「何としても勝つ。そういう強い気持ちを持って今日の試合に挑んでほしい。みんなは必ず勝てると信じている」と最後にメッセージを送りました。

日本からも大勢のサポーターが駆けつけてチームに大声援を送り続けてくれる中、21:00に試合はキックオフされました。

U-19
(本日のステーティングメンバー)

「前半は相手のロングボールに少し戸惑った」と吉田監督が試合後に振り返ったように、開始早々からイラク代表は日本陣内にロングボールを蹴り込み、前線のスピードと個人技を兼ね添えている選手たちが日本ゴールに襲いかかってきました。

対する日本は、ロングボールのこぼれ球をしっかりと拾いMF熊谷選手、松本選手を中心にテンポよくパスを回して攻撃のリズムをつくります。
試合が動いたのは前半38分でした。右サイドから相手の突破を許すと、中央で待ち構えていたFW Mohammed Jabbr選手へパスが渡りシュートを打たれ、先制点を許してしまいます。

勢いに乗ったイラク代表は、その後も攻撃を繰り返してきましたが、日本は遠藤選手、岩波選手の両センターバックが固い守備で相手にゴールを与えません。その後は両チーム共に得点がなく、日本は前半を0対1で折り返します。

ハーフタイムに吉田監督は「もっと勇気を持って相手のプレッシャーを恐れず、前を向いてパスをつないでいくこと」と選手たちに指示を出し、後半のピッチに送り出しました。
その狙いはすぐに結果として現れます。後半開始直後の48分、ボランチの松本選手からの縦パスを受けたFW久保選手が、ボールをキープして大きく左サイドに展開し、そのボールをMF大島選手が中央で待ち構えるMF矢島選手へラストパス。同選手は左足を振り抜くとボールはイラクゴールに突き刺さり、待望の同点ゴールが生まれました。

この勢いを持続させたかった日本ですが、53分に逆転を許してしまいます。
相手DFがハーフウェーライン付近から蹴ったボールが、選手で密集するゴール前を抜けて、そのままネットを揺らしてしまいました。

再び1点のビハインドとなって日本は攻撃の選手を次々と投入して、追加点を狙います。その後、連戦の疲労からか完全に足が止まったイラクに休む間を与えないほどの怒涛の攻撃で得点を狙います。しかし、最後のところで体を張った鉄壁の守備を見せるイラクを前に、ゴールを割ることができません。終了間際に得たCKでも得点を奪うことができず、1対2で敗れてしまいました。

そして、チームが最大の目標として掲げていた、FIFA U-20ワールドカップ トルコ2013への出場権を獲得することができませんでした。

「グループステージの初戦で負けたクウェート戦や、UAEとの戦いの中でチーム全体に統一感が出てきていたし、今日の試合前も良い雰囲気でした。何としても勝ちたかったですが、アジアを突破することの難しさを改めて痛感しました」とキャプテン遠藤選手がコメントした通り、「アジア壁」の高さを選手たちは実際に肌で感していました。

吉田監督は、「これでチームは解散するけど、みんなには未来がある。この先もっと厳しいことが待ち構えているけど、この悔しさを絶対に忘れないで日々のトレーニンに励んでほしい。1人でも多くのこの年代の選手たちから、今後のオリンピックを目指すチームや日本代表に選ばれるようにがんばってほしい」と、最後になるであろう言葉に思いを乗せ、選手たちの今後の奮起に期待していました。

U-19

2011年2月にスタートした吉田JAPANは、今日の敗戦を受けて解散となります。しかし、選手たちのサッカー人生はまだまだこれからです。この悔しさを決して忘れることなく日々の練習に打ち込むことが日本代表につながっていくことでしょう。
今後も選手たちの活躍に期待してください。

U-19

チームが始動してから今日まで、本当に多くの関係者の方々に見守られ、そして熱心に声援を送り続けてくれたサポーターのみなさんに背中を押していただきながら、吉田JAPANは一生懸命に戦ってきました。尽力してくれた全ての方々に改めて厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。