JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/05/04

U-16日本代表 イタリア遠征 第3戦 vsU-16カザフスタン代表 試合結果・レポート

チッタディグラディスカ国際大会 グループステージ第3戦

U-16日本代表 2-0(前半 2-0) U-16カザフスタン代表

試合日時:5月3日(金)17:30キックオフ(現地時間)
試合会場:イタリア/リニャーノ・サッビアドーロ(Lignano Sabbiadoro)/Campo Comunale di Lignano

得点経過
14分 鎌田 啓義(アルビレックス新潟ユース)
26分 鎌田 啓義(アルビレックス新潟ユース)PK

イタリア遠征

スターティングメンバー
GK 18 オビ パウエル オビンナ(JFAアカデミー福島)
DF 8  川田 拳登  (大宮アルディージャユース)
DF 3  庄司 朋乃也(セレッソ大阪U-18)
DF 4  鈴木 徳真  (前橋育英高校)
DF 2  坂井 大将  (大分トリニータU-18)
MF 9  小川 紘生  (浦和レッズユース)
MF 13 佐々木 匠  (ベガルタ仙台ユース)
MF 11 鎌田 啓義  (アルビレックス新潟ユース)
MF 12 齋藤 功佑  (横浜FCユース)
FW 15 川上 エドオジョン 智慧(浦和レッズジュニアユース)
FW 7  髙木 彰人  (ガンバ大阪ユース)

サブ
GK 1  阿部 航斗  (アルビレックス新潟ユース)
DF 5  市丸 瑞希  (ガンバ大阪ユース)
DF 6  町田 浩樹  (鹿島アントラーズユース)
DF 17 浦田 樹    (JEFユナイテッド市原・千葉U-18)
MF 10 サイ・ゴダード(トッテナム ホットスパー)
MF 16 西本 卓申  (アルバランシア熊本)
FW 14 杉森 考起  (名古屋グランパスU18)

交代
50分 2 坂井 → 14 杉森 
51分 15 川上 → 16 西本  
56分 9 小川 → 10 サイ

マッチレポート
準決勝進出をかけて、U-16カザフスタン代表と対戦。先に行われたU-16メキシコ代表対U-16イスラエル代表の試合はメキシコが1-0で勝利、1位通過するためには勝利が必要な状況となりました。

今日の試合はシステムを4-3-3から4-2-2-2に変更し、フィールドの中心部分をより強固に、そして味方同士の距離を近く自由にポジションチェンジができる布陣でゲームに臨みました。

イタリア遠征

今大会、未勝利のカザフスタンはキックオフ直後から激しくプレスをかけ、ボールを奪おうとします。対する日本は相手のペースに巻き込まれることなく落ち着いてボールを動かし、ゲームの主導権を握ります。

イタリア遠征

24分、左サイドのスローインから髙木彰人(ガンバ大阪ユース)、坂井大将(大分トリニータU-18)とボールをつなぎ、この日フロントボランチに入った鎌田啓義(アルビレックス新潟ユース)へ。その鎌田がそのままペナルティエリアにドリブルで侵入し、ディフェンダー2人を交わし角度のないところから逆のポストへカーブをかけたシュート。シュートは狙い通りポストに当たりネットへと吸い込まれ先制に成功します。
さらに、攻撃の手を緩めない日本はボールをコントロールし、慌てずゴールを狙います。

26分、ドリブルで仕掛けた小川絋生(浦和レッズユース)が鎌田にスルーパスを送り、抜け出たところをディフェンダーがたまらずファウル。PK奪取に成功します。
これを蒲田自ら冷静にゴール左隅に流し込みこの日2点目のゴール。そのまま前半を2-0で終えます。

イタリア遠征

後半は士気が下がり、運動量の落ちたカザフスタン代表に対し、試合を支配するも決定的な場面を創れず時間が過ぎていきます。途中、杉森考起(名古屋グランパスU15)、西本卓申(アルバランシア熊本)を投入しましたが、
追加点を奪えずそのまま試合終了。Cグループ1位を確保し、準決勝に駒を進めました。

吉武監督コメント
「試合には勝ったものの納得できない試合内容でした。2連敗の中のカザフスタンの士気は低く、フレッシュな選手で臨んだ日本は優位にゲームを進めることができました。
しかし、ボールを運べるものの最後の崩しの部分で課題が残りました。明日はもう一度メキシコと対戦できるので、前後半通じて良いゲームをしてファイナリストを目指したい。」

他の試合結果
U-16メキシコ代表 1-0 U-16イスラエル代表

グループリーグ最終順位
【グループA】
1位 アメリア   勝点5 +2
2位 スロベニア  勝点4 -1
3位 チリ     勝点3 ±0
4位 イタリア   勝点2 -1

【グループB】
1位 クロアチア  勝点9 +7
2位 モンテネグロ 勝点4 +1
3位 カナダ    勝点3 -4
4位 ノルウェー  勝点1 -4

【グループC】
1位 日本     勝点7 +3
2位 メキシコ   勝点6 +2
3位 イスラエル  勝点4 ±0
4位 カザフスタン 勝点0 -5

準決勝の組み合わせ
アメリカ vs. クロアチア 16:00 @kotschach-Mauthen/オーストリア
日本   vs. メキシコ  17:00 @Ajdovscina/スロベニア

今後の予定
5月4日 準決勝 
5月5日 決勝or3位決定戦

※今回12カ国が今大会に参加。
※決勝トーナメントは各グループの1位(計3チーム)と各グループ2位のチームから上位1チーム、
 計4チームで行われます。(トーナメント方式)

■大会公式サイト
http://www.trofeorocco.com/