JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/05/16

フットサル日本女子代表がSeleção “F”Femininaに逆転勝利

2013年5月15日(水)16:00キックオフ
東京・国立代々木競技場第一体育館

フットサル日本女子代表   3-1   
(0-1, 3-0)

Seleção “F”Feminina
(Fリーグ女子選抜)

フットサル日本女子代表

得点者
8分 和泉 沙季選手(Seleção “F”Feminina)
22分 中島 詩織選手(フットサル日本女子代表)
30分 吉林 千景選手(フットサル日本女子代表)
36分 北川 夏奈選手(フットサル日本女子代表)

中島 詩織選手(Diamante Logrono[スペイン])

フットサル日本女子代表コメント

在原 正明監督
この場を用意していただけたことは本当に嬉しく、言葉では言い表せないやりがいを感じた瞬間でした。
今回の合宿では、精神的にも肉体的にも追い込まれた状態で、どういったプレーができるのかがコンセプトでした。試合では、特に前半は合宿の疲れや精神的なプレッシャーでトップパフォーマンスではありませんでしたが、こうした硬さが出たのも想定通りでした。
こちらに得点が入れば試合が変わることは全員が分かっていたことでしたが、ハーフタイムに選手だけのミーティングで活発な意見交換をしてくれたので、後半は大丈夫だと確信しました。このグループをつくった監督としては大満足です。
セットプレーからの得点や北川(夏奈)の反転からの得点など、トレーニング通りに選手が特長を出してくれたことは、大きな自信になります。個々の持ち味を生かせなかった選手もまだいますが、この流れをアジアインドア&マーシャルアーツゲームズにも続けていきたいです。再集合までの日々のなかで、選手たちの芽がさらに伸び、大会で花が咲いてくれればいいなと思います。

中島 詩織選手(Diamante Logrono[スペイン])
フットサル日本女子代表にとって国内初の試合という舞台を作ってくれた関係者の皆さん、女子フットサルを築いてこられた皆さんに感謝しています。
今日は多くの観客、サポーターの方に観戦していただき、試合では選手全員がとても緊張しました。日本女子代表として勝たなくてはいけない、日本の皆さんに女子フットサルを知ってもらわなくてはいけないという気持ちが強く出過ぎてしまいました。しかし、トレーニングで何度も繰り返した得意な形から得点することができ、そこから流れをつかむことができました。
アジアインドア&マーシャルアーツゲームズでは良いスタートを切り、今日の素晴らしい経験を生かして3連覇を成し遂げたいと思います。女子フットサルはまだ、Fリーグのような全国リーグはないですが、地域リーグがありますし、そこで頑張っている選手もたくさんいます。面白い試合を見ることができると思いますので、ぜひ一度会場に足を運んでください。

吉林 千景選手(VEEX TOKYO Ladies)
前半は上手く連携がとれずシュートまでいけない場面が目立ちました。ハーフタイムにボールへの寄せや細かいコミュニケーションの取り方について選手同士で話し合いを行い、後半は自分たちのペースに試合を持っていくことができたと思います。この3日間のトレーニングの成果を出すことができました。

北川 夏奈選手(丸岡RUCK Ladies)
日本女子代表に初めて選出されて、とても緊張しましたがトレーニングキャンプから選手をはじめ皆さんが声を掛けてくれて本当に嬉しかったです。今日の得点も嬉しかった。負けている状況からキャプテンの中島選手が同点にし、続けて吉林選手がゴールしました。私もゴールしたいと強く思い、自分の得意なプレーで得点することができました。アジアインドア&マーシャルアーツゲームズは初参加になりますが、頑張って金メダルを獲得したいと思います。

なでしこジャパン公式サイト
詳細は、こちら!

女子サッカーチーム検索サイト サッカーやろうよ!
詳細は、こちら!