JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/05/16

フットサル日本代表、強豪アルゼンチンに敗れる

2013年5月15日(水)19:00キックオフ
東京・国立代々木競技場 第一体育館

フットサル日本代表 1-5(0-3,1-2)フットサルアルゼンチン代表

フットサル日本代表

得点者
5分 ディエゴ・アポジョニオ(アルゼンチン)
17分 レアンドロ・クッソリーノ(アルゼンチン)
19分 ルーカス・ボロアレマニー(アルゼンチン)
30分 ルーカス・フランシーニ(アルゼンチン)
36分 コンスタンティノ・バポラキ(アルゼンチン)
38分 仁部屋 和弘(日本、バサジィ大分)

仁部屋 和弘選手(バサジィ大分)

フットサル日本代表コメント

ミゲル・ロドリゴ監督
まずはアルゼンチンにおめでとうと言いたいです。
試合は、前半はプレスがかけられず、日本の守備があまり機能しませんでした。後半に入るとリズムが出て、日本の形がつくれるようになり、ゴール前に攻め込み、シュートチャンスをつくる機会も増えました。アルゼンチンのララニャガ監督とも、「互角だった」と話しました。ただ、アルゼンチンは得点し、日本はできなかった。スペインでは「この試合を3日間続けても点が入らない」という言い回しがありますが、今日の試合はまさにそれでした。また、これは一つの側面ですが、日本の選手はまだシーズンインしたばかりでトレーニングの時間が短かったり、クラブでリーグ戦の準備に入ったばかりということもあり、ルーズボールへの反応が遅れたり、五分五分のボールを奪われるなど、コンディションの問題もありました。
アルゼンチンはマンマークで引いて守り、カウンターをしかけるというスタイルですが、見事にそれが成功しました。こちらはシュートがもう一歩というところで決まらなかった。パワープレーも試み、チャンスもありましたが決め切れませんでした。今日の試合を反省し、修正して18日の別府の試合に臨みたいと思います。

仁部屋 和弘選手(バサジィ大分)
ホームの試合なので勝たなくてはいけないのに、自分たちのミスで失点してしまい、本当に情けないです。守備ではプレスに行くべき選手が行けない場面もありました。集中を切らさないことが大切です。今後は高い位置からのプレスをもっと意識して戦います。攻撃面では、日本の方がチャンスを多くつくれていました。自分の得点は、周りの選手がうまく相手を引きつけてくれたので打つことができました。次戦は誰よりも自分自身が楽しんで、必ず勝ちたいと思います。

室田 祐希選手(名古屋オーシャンズ)
ロッカールームを出たときからすごく緊張していましたが、ピッチに入ってからは頑張ろうという気持ちの方が強かったです。みんなから「カバーに入るから、ドリブルでどんどん仕掛けてこい」と声を掛けてもらえたので、リラックスした状態で挑めて、すごく助かりました。
後半のスタートで名前を呼ばれたときは、自分の持ち味のドリブルをどんどん出していこうということで頭がいっぱいでした。負けず嫌いなので、負けたことはすごく悔しいですけど、ドリブルで何本かスピードで(相手を)抜いたり、シュートまで行けたので、手応えはつかめましたし、収穫はありました。

フットサルアルゼンチン代表コメント

フェルナンド・ララニャガ監督
今日の試合に関しては、日本とアルゼンチンは同じレベルにありました。両チームの違いは、アルゼンチンが得点することができて、日本はできなかった、それだけのことです。このような内容で4点差がつくということはなかなかありません。本当に同じようなクオリティーだったと思います。日本とは以前にも日本国内で対戦していますが、成長してきている、変わってきていると感じています。世界レベルになってきていると思います。我慢強く、負けていても焦りが出ないのは成長している証しです。18日の別府の試合では、また異なる物語が見られるのではないでしょうか。

国際親善試合
フットサル日本代表vsフットサルアルゼンチン代表
5月18日(土) 13:00kick off(予定) 大分/別府ビーコンプラザ
詳細は、こちら!