JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/01/28

日本女子代表候補合同合宿 (2/8~2/11)
【U-19日本女子代表候補 メンバー】

スタッフ

監督
吉田 弘 ヨシダ ヒロシ YOSHIDA Hiroshi
【(公財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
岡本 三代 オカモト ミヨ OKAMOTO Miyo
【(公財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/セレッソ大阪】

GKコーチ
川島 透 カワシマ トオル KAWASHIMA Toru
【(公財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

選手

Pos. 選手名(アルファベット表記)
生年月日 身長 体重 所属

GK
林﨑 萌維 ハヤシザキ メイ HAYASHIZAKI Mei
1994.08.17 168cm 63kg 常盤木学園高等学校

山下 杏也加 ヤマシタ アヤカ YAMASHITA Ayaka
1995.09.27 170cm 60kg 村田女子高等学校

平尾 知佳 ヒラオ チカ HIRAO Chika
1996.12.31 171cm 66kg JFAアカデミー福島

DF
石井 咲希 イシイ サキ ISHII Saki
1995.07.03 161cm 48kg 浦和レッズレディースユース

奥川 千沙 オクガワ チサ OKUGAWA Chisa
1995.08.24 160cm 53kg 藤枝順心高等学校

土光 真代 ドコウ マヨ DOKOU Mayo
1996.05.03 163cm 48kg 日テレ・ベレーザ

清水 梨紗 シミズ リサ SHIMIZU Risa
1996.06.15 159cm 43kg 日テレ・ベレーザ

小島 美玖 コジマ ミク KOJIMA Miku
1996.08.30 161cm 51kg JFAアカデミー福島

万屋 美穂 マンヤ ミホ MANYA Miho
1996.11.05 158cm 50kg 日ノ本学園高等学校

MF
猶本 光 ナオモト ヒカル NAOMOTO Hikaru
1994.03.03 157cm 50kg 浦和レッズレディース

平野 里菜 ヒラノ リナ HIRANO Rina
1994.08.23 165cm 55kg 藤枝順心高等学校

布志木 香帆 フシキ カホ FUSHIKI Kaho
1994.08.24 170cm 63kg 神村学園高等部

井上 綾香 イノウエ アヤカ INOUE Ayaka
1995.01.15 162cm 48kg 河内SCジュベニール

成宮 唯 ナルミヤ ユイ NARUMIYA Yui
1995.02.22 154cm 45kg JFAアカデミー福島

中村 みづき ナカムラ ミヅキ NAKAMURA Mizuki
1995.08.15 166cm 53kg 浦和レッズレディースユース

隅田 凜 スミダ リン SUMIDA Rin
1996.01.12 157cm 45kg 日テレ・ベレーザ

西川 彩華 ニシカワ アヤカ NISHIKAWA Ayaka
1996.04.02 164cm 55kg 常盤木学園高等学校

長谷川 唯 ハセガワ ユイ HASEGAWA Yui
1997.01.29 154cm 40kg 日テレ・ベレーザ

FW
田中 美南 タナカ ミナ TANAKA Mina
1994.04.28 161cm 52kg 日テレ・ベレーザ

道上 彩花 ミチガミ アヤカ MICHIGAMI Ayaka
1994.07.27 170cm 65kg 常盤木学園高等学校

星山 彩香 ホシヤマ アヤカ HOSHIYAMA Ayaka
1994.09.26 157cm 54kg 北海道大谷室蘭高等学校

川原 奈央 カワハラ ナオ KAWAHARA Nao
1994.12.16 160cm 55kg 日ノ本学園高等学校

白木 星 シラキ アカリ SHIRAKI Akari
1996.11.04 169cm 57kg 常盤木学園高等学校

選手変更


02/04
DF 小島 美玖(コジマ ミク/ KOJIMA Miku)
JFAアカデミー福島 理由:怪我のため

MF 籾木 結花 (モミキ ユウカ / MOMIKI Yuka)
日テレ・ベレーザ 1996年4月9日生 151cm/46kg

U-19日本女子代表 吉田弘監督コメント

「2011年のW杯優勝、2012年オリンピック銀メダルとなでしこジャパンの実績は素晴らしいものでした。なでしこジャパンが今後も常にトップレベルで戦うことが出来る技術を下のカテゴリーで身につけさせていきたい。一つ目はボールを扱う技術、二つ目は観る技術、最後は身体を細かくしなやかに動かせる技術です。日本人の特長を活かし、世界でトップレベルのプレーヤーを多く育成していきたいと思います」