JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/07/07

第4回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ フットサル日本代表はイランに敗れ準優勝

第4回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ フットサル日本代表はイランに敗れ準優勝

第4回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ 男子 決勝
7月6日(土) 13:00 kick off
Songdo Global University Campus Gymnasium

フットサル日本代表 2-5(前半1-0、後半1-5) フットサルイラン代表

【得点者】
13分 逸見勝利ラファエル(日本)
21分 VAFAEI Alireza(イラン)
23分 TAYEBIBIDGOLI Hossein(イラン)
31分 TAHERI Mohammad(イラン)
36分 西谷良介(日本)
37分 HASSAN ZADEH NAVLIGHE Ali Asghar(イラン)
38分 SHAFIEI Vahid(イラン)

【スターティングメンバー】
GK: 関口優志
FP: 滝田学、渡邉知晃、逸見勝利ラファエル、西谷良介

【サブメンバー】
GK: 清家大葵、冨金原徹
FP: 内村俊太、丹野聡士、佐藤亮、永井義文、仁部屋和弘、皆本晃

試合詳細はこちら

招集メンバー詳細はこちら

監督・選手コメント

ミゲル・ロドリゴ監督
この大会、特に決勝のゲームで選手たちが見せたパフォーマンスは、コーチングスタッフの予想を超えるものでした。他のチームは一ヶ月以上の合宿を積んでこの大会を迎えているなか、事前の合宿をする時間がない中で私たちは一試合ずつ成長しながらたどり着きました。そうした状況で世界レベルの最高の舞台で今日のような素晴らしい内容のゲームをすることができたのは選手たちの素晴らしさです。
今日のゲームの敗因はイランの個の強さの優勢、そしてここという場面で私たちは稚拙なミスを犯し、攻撃においても数多くのチャンスを作り出しながらものにすることができなかったということに尽きると思います。
私は当初からこの大会を今後のためのプロセスの一環として位置づけていましたが、この若い世代は素晴らしいタレントを持っているということをあらためて証明してくれました。
この大会のためにリーグ戦期間中にもかかわらず選手たちを派遣してくださった各クラブに感謝します。この恩はそこで得た大きな経験を、各クラブに戻って還元することだと思っていますし、そのことは選手たちのミッションとなるべきだと思っています。
最後に、日本から応援に来てくださった皆さん、そして日本で応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

清家大葵選手(シュライカー大阪)
今大会、初出場が決勝戦ということで緊張もありましたが、自分らしいプレーができたことは、プラスになったと思います。この経験を活かして、Fリーグでも頑張っていきたいと思います。
韓国まで応援に来て頂いた日本のサポーターのみなさん、ありがとうございました。

皆本晃選手(FS Ciudad del Vino)
僕たち日本にとってイランは特別な相手です。そんな相手と決勝戦で戦えたことは誇りに思います。
前半は先制点を取ることも出来て、自分達のプラン通り試合を進めることが出来ましたし、逆転されてからも悪くない流れでプレー出来ていました。
ただ勝つためには良い流れ、相手を上回る時間帯をもっと作らなければなりません。イラン相手でもそれが出来るように個人としてもチームとしても成長していきたいと思います。次にイランとやる時は必ず勝てるようにこの経験を生かさなければならないと強く感じています。
現地で応援してくださった皆さん、そして日本から応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。

第4回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ フットサル日本代表はイランに敗れ準優勝

第4回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2013/仁川)
大会日程・結果は、こちら!

2013 JFAエンジョイ5 ~JFAフットサルエンジョイ大会~
情報はこちら!

F.LEAGUE 2013/2014
情報は、こちら!