JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/07/15

U-17日本代表/国際ユースサッカーin新潟 クロアチアに敗れる

U-17日本代表

第17回国際ユースサッカーin新潟
2013年7月15日(月) 日本時間 16:20 kick off 90分(45×2)
東北電力ビッグスワンスタジアム(日本/新潟県新潟市) 晴れ 26℃

U-17日本代表0-1(前半 0-1,後半 0-0)U-17クロアチア代表

【得点者】
8分 ロベルト ムリッチ(クロアチア)

【スターティングメンバー】
GK:木村真
DF:会津雄生、三竿健斗、中山雄太、浦田樹
MF:小川紘生、鈴木徳真、水谷拓磨
FW:渡辺崚真、杉本太郎、野口航

【サブメンバー】
GK:齋藤和希
DF:石田崚真、坂井大将
MF:三好康児、須藤駿介、瓜生昴勢
FW:山口真司

【交代】
ハーフタイム 野口航→瓜生昴勢
63分 渡辺凌磨→山口真司
82分 水谷拓磨→三好康児

招集メンバー詳細はこちら

監督・選手コメント

吉武博文監督
我々と同じくワールドカップに出るクロアチアと対戦の中で、堅い守備を崩せず悔しかったが、世界大会を前にこの経験ができたことは大きいです。簡単な失点をしてしまうところは修正をして行かなければなりません。3試合連続で出てくれた三竿と中山はよく戦ってくれたと思います。もっともっと相手の嫌な所を突いていきたいのに、ボールをただつなぐことが目的になっていました。縦に入れるボールの質を約3ヶ月取り組んで行きたいです。貴重な経験をさせてくださった新潟県サッカー協会をはじめ、関係者の皆様に感謝したいです。

小川紘生選手(浦和レッズユース)
大会を通してできること・できないことがはっきりしました。シュートの精度やもっとゴールに向かっていく姿勢は改善しないと世界では通用しないと思います。チームの連携も含め、もっと擦り合わせていきたいです。

杉本太郎選手(帝京大可児高校)
引いて守るチームを3試合とも崩せず、結果勝点0で終わったことは何も言い訳できません。相手の嫌な所、守っていない所をしっかり見て正しい選択をしていかなければならなかったです。残り3ヶ月となったので、もう1ランクも2ランクもレベルを上げないとチームの目標を達成できません。判断のスピードを上げるトレーニングをしたいと思います。

U-17日本代表

U-17日本代表