JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/09/16

ビーチサッカー日本代表 FIFAワールドカップタヒチ2013 活動レポート(9/14)

9月14日、成田空港に集合した日本代表は、11時間かけてワールドカップ決戦の地、ここタヒチに到着しました。
イミグレーションの前に、まずはタヒチアンミュージックでお出迎え。

画像の説明



ワールドカップ用に準備された特別レーンでイミグレーション、税関をスムースに通過したあとは、地元組織委員会よる記念撮影が待っています。

画像の説明



そしてタヒチアンダンサー達が歓迎ムードに花を添えますが、歓迎ムードはここまで。

画像の説明



午後には早速練習会場に向かいます。がしかし!練習会場に到着したものの、鍵がかかって入れません。

画像の説明



こういったことは異国の地ではよくあること。世界中で様々な経験をしてきた強者たちは全く動じることなく、タヒチ時間に合わせてのんびりと待ちます。

練習前には、ラモス監督が選手たちに次のように語りかけます。
『いよいよ来たぞ。皆わかっていると思うが、やるしかない。ロシア?普段通りのプレーをすれば勝てる。パラグアイ、コートジボワール?問題ない。良い準備をして初戦を迎えよう!』

画像の説明



まずは早川コンディショニングコーチの指導のもと、入念なストレッチで長時間フライトと時差ボケの体をほぐします。

画像の説明



ボールを砂上でリフティング。ボールを落とさずにゴールまで運ぶビーチサッカーにおいて、非常に重要なトレーニングです。

画像の説明



そしてここタヒチでも、キーパーは跳ぶ!

画像の説明



跳ぶ!

画像の説明



練習後、選手たちの希望で試合会場に立ち寄りました。ピッチに足を踏み入れると、選手たちの間から会場の素晴らしさに感嘆の声があがります。

画像の説明



試合でプレーする姿をイメージしながら、砂の感触を確かめます。

画像の説明

こうしてタヒチの一日目は終了しました。
まずは時差ボケを解消して、明日も頑張ります!

FIFAビーチサッカーワールドカップ タヒチ2013
大会詳細はこちら

メンバー詳細はこちら

なでしこジャパン(日本女子代表) 国際親善試合
vs ナイジェリア女子代表
第1戦 9月22日(日)19:00キックオフ(予定)
長崎/長崎県立総合運動公園陸上競技場
第2戦 9月26日(木)19:15 キックオフ(予定)
千葉/フクダ電子アリーナ

チケット情報は、こちら!