JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/09/27

AFC U-16女子選手権中国2013 グループステージ第1戦 vsグアム

AFC U-16女子選手権中国2013 グループステージ第1戦 vsグアム

AFC U-16女子選手権中国2013
2013年9月26日(木)現地時間 14:00 kick off 45分ハーフ
Jiangning Sports Center(中国/南京)

U-16日本女子代表 19-0(前半 9-0、後半 10-0)U-16グアム女子代表

得点者
16分 鴨川実歩(日本)
17分 小林里歌子(日本)
18分 鴨川実歩(日本)
20分 小林里歌子(日本)
27分 小林里歌子(日本)
32分 杉田妃和(日本)
37分 小林里歌子(日本)
39分 神田若帆(日本)
40分 杉田妃和(日本)
46分 鴨川実歩(日本)
52分 小林里歌子(日本)
55分 北川ひかる(日本)
59分 安部由希子(日本)
63分 児野楓香(日本)
68分 北川ひかる(日本)
72分 北川ひかる(日本)
75分 今井裕里奈(日本)
83分 三浦成美(日本)
87分 北川ひかる(日本)

スターティングメンバー
GK:松本真未子
DF:松原志歩、橋沼真帆、市瀬菜々、安部由希子
MF:平田舞、杉田妃和、神田若帆、三浦成美
FW:小林里歌子、鴨川実歩

サブメンバー
GK:森田有加里、福永絵梨香
DF:工藤真子、中條結衣、宮川麻都、南萌華
MF:今井裕里奈、立花葉、三浦成美、西田明華、長野風花
FW:北川ひかる、児野楓香

交代
ハーフタイム 神田若帆 → 北川ひかる
61分 小林里歌子 → 児野楓香
72分 平田舞 → 今井裕里奈

招集メンバー詳細はこちら

監督・選手コメント

高倉麻子監督
選手たちにとって初めて日の丸を背負っての試合に、良い緊張感を持って試合に臨むことができました。相手の気迫のあるプレーで最初の15分間はなかなかゴールにたどり着くことが出来ませんでしたが、1点目を奪った後は選手たちが落ち着いてプレーをし、大量得点をすることが出来ました。
パス、シュートの精度、動きの質、判断のスピードとまだまだ課題は多いです。大勝に甘んじることなく、もっと質の高いサッカーができるように個人、チーム力を高めたいと思います。

杉田妃和選手(藤枝順心高等学校)
今日の初戦を終えて、開始15分までなかなか得点できず苦しい時間が続きました。全体的にオフサイドの数も多く、チャンスのところで決めきれていませんでした。しかし1点入ると流れもよくなり前半で9-0にもっていくことができました。後半からはオフサイドの数を減らすことを意識してもっとシュートを狙っていこうとしましたが、オフサイドの数がなかなか減りませんでした。シュートの部分では、遠くからも打つ回数が増え前半より得点できたのでよかったです。次のイラン戦までには出し手と受け手のタイミングのところをしっかりと合わせられるようにし、もっとシュートの意識を高くしてきたいです。

小林里歌子選手(常盤木学園高等学校)
アジア選手権1回戦はまず勝つことができてよかったと思います。初戦なので緊張もしましたが、徐々に日本らしいパスサッカーができ始めると緊張もほぐれ、たくさん点数を重ねることができたこともよかったと思います。初戦を良いスタートできることができたので、この勢いのまま1戦1戦を大切に戦い、優勝を目指します。

神田若帆選手(広島文教女子大学付属高等学校)
緊張したまま試合に入りましたが、試合が始まると相手のプレッシャーにも慣れ、主導権を握ってサッカーをすることができました。たくさん点をとることが出来たのは良かったのですが、もっと点を取れるチャンスはあったので、決定力を高めていきたいです。勝つことはできましたが、パスのスピードや球際の強さなど課題の残る試合だったので、次の試合に向けて、これからのトレーニングで改善して、次の試合も勝ちたいです。

AFC U-16女子選手権中国2013
大会詳細は、こちら