JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/10/05

U-19日本女子代表 アジアの頂点を目指して始動!

10月11日に開幕するAFC U-19女子選手権に臨むU-19日本女子代表が4日、静岡県内で最終調整キャンプを開始しました。
5日に行われるなでしこリーグに出場する選手9名はこのキャンプには参加しないため、14名でのスタートとなりました。
吉田監督は「このキャンプ、大会を通じて自分のレベルとチームのレベルアップを図ろう。7年後には東京オリンピックもあるから、将来のなでしこの選手を目指してやっていってほしい」と選手たちに語りました。

U-19日本女子代表 アジアの頂点を目指して始動!

肌寒い気候の中、まずは15分間のランニングで身体を温めた選手たち。ストレッチや体幹のエクササイズ後に手つなぎ鬼で頭のウォーミングアップも完了です。

U-19日本女子代表 アジアの頂点を目指して始動!

その後はボールを使って守備と攻撃の戦術を確認するなどし、みっちりと2時間のトレーニングを行いました。

U-19日本女子代表 アジアの頂点を目指して始動!

夕食後にはミーティングを行いました。厳しい日程となる今回の大会ですが、上位3位に入らなければ来年の世界大会への切符はつかめません。前回の活動には招集されていなかった選手もいたことから、改めてチームコンセプトを確認。

U-19日本女子代表 アジアの頂点を目指して始動!

「パス1つにしても、小さなところにこだわっていくことが重要。11日の初戦に向けて、やれることをやってコンディションをしっかり上げていこう。」
「今までやってきたことを積極的にチャレンジしてゲームの中で出していこう。そして、その技術やプレーをさらに伸ばしていくこと。」
「初戦の3試合は中1日なので、全員が出るつもりでコンディションをしっかり整えてほしい。」と吉田監督から大会に向けての話があり、その後は映像を使って攻撃や守備の意識付けを行いました。
明日6日は午後に日大三島高校とのトレーニングマッチを行い、移動というハードスケジュールとなります。

監督・選手コメント

吉田弘監督
この直前キャンプではメンバーが全員揃いませんが、チームとしてやりたいことを少しでも多く選手に伝えようと思います。メンバー全員が揃うのが中国入りしてからしっかり仕上げ、大会に臨みたいです。
大会については、もちろんすべての試合に勝利をしつつ、来年のワールドカップへの出場権を獲得することを目標にしています。試合日程はハードですが、その中でも将来を見据えたサッカーをやりつつ、勝利という結果を得たいと思います。

道上彩花選手(INAC神戸レオネッサ)
今回のキャンプはチームとしても良い雰囲気で、自身も良いコンディションで臨めています。大会では初戦から良い入り方をして、優勝を目指してチーム一丸となってやりたいと思います。個人としては、アジアの大会は初めてですが、フィジカルで通用する部分があると思いますし、自分がどこまでできるのか試したいです。勝ちにこだわって、世界大会への切符をアジアの大会で優勝して勝ち取りたいです。

白木星選手(常盤木学園高校)
試合に出場した時には身長を武器にしてプレーしたいです。大会では自分の課題を克服しつつ、点をたくさんとることが目標です。

乗松瑠華選手(JFAアカデミー福島)
U-16でもアジアの大会を経験しましたが、オーストラリアのように体格が違うチームがあるので、戦いながら相手を見て、自分たちの戦い方を適切に変えられれば良いと思います。DFなので、まずは無失点で大会を終えることを目標としていますが、優勝してワールドカップへの切符をつかめるようにしたいです。

AFC U-19女子選手権 中国2013
第1戦 vs ミャンマー代表 
10月11日(金) 16:30 キックオフ(予定)
(日本時間:11日(金) 17:30 キックオフ(予定) )
大会詳細は、こちら!