JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/10/08

U-23日本女子代表 大会初戦は8-2で白星スタート

U-23日本女子代表、大会初戦に8-2で白星スタート

第6回東アジア競技大会(2013/天津) 第1戦 vsチャイニーズ・タイペイ
2013年10月7日(月)現地時間 15:00 kick off 45分ハーフ
Tianjin Haihe Education Park Stadium(中国/天津)

U-23日本女子代表 8-2(前半 5-1、後半 3-1)U-23チャイニーズ・タイペイ女子代表

得点者
10分 植村祥子(日本)
14分 植村祥子(日本)
30分 吉良知夏(日本)
35分 植村祥子(日本)
42分 齊藤あかね(日本)
45分 Yang Ya Han(チャイニーズ・タイペイ)
63分 乃一綾(日本)
64分 仲田歩夢(日本)
73分 菅澤優衣香(日本)
79分 Lin Ya Hui(チャイニーズ・タイペイ)

スターティングメンバー
GK:船田麻友
DF:千野晶子、小林海咲、鈴木里奈、左山桃子
MF:中村ゆしか、小林海青、齊藤あかね、仲田歩夢
FW:吉良知夏、植村祥子

サブメンバー
GK:山根恵里奈、河村有紀
MF:乃一綾
FW:菅澤優衣香

交代
ハーフタイム 船田麻友 → 河村有紀
57分 千野晶子 → 乃一綾
71分 齊藤あかね → 菅澤優衣香

招集メンバー詳細はこちら

マッチレポート

圧倒的にボールを支配するなか、日本は立ち上がりから積極的にシュートを打っていきます。先制点は10分、齊藤あかね選手からのボールに植村選手がディフェンスの裏に抜け出しシュート。アンダーカテゴリーを含めて代表での初得点を決めます。続く14分、左サイドハーフの仲田選手から渡ったボールを吉良選手が落とし、植村選手が決めて2得点目。同じく仲田選手からチャンスが生まれた30分、仲田、小林海咲とつないだボールを植村選手がシュート、こぼれたところに吉良選手が詰め得点を挙げます。35分には仲田選手が中央をドリブルして前線へパス、走り込んだ植村選手がこの日3得点目を決め、試合を4-0とします。42分にも齊藤あかね選手が追加点を挙げますが、直後の44分、ディフェンスとGKが交錯していたところを突かれ失点、5-1で前半を終えます。

後半から、GK河村選手がピッチへ。また58分にも千野選手に代わって、乃一選手が入ります。その乃一選手、5分後に直接FKを右足で決めてみせます。直後の64分には仲田-吉良-植村とつないだボールを仲田選手が決め、7-1。しかし70分前後から、チャイニーズ・タイペイにドリブルで持ちこまれるなど、守備にまわる時間帯が増えます。73分には相手の連携ミスのこぼれ球を押しこみ菅澤選手が8得点目を決めるも、79分、こぼれたボールを冷静に押し込まれ、2失点目。このまま試合を終え、8-2で第1戦を終えました。

同時刻に行われた「中国 対 朝鮮民主主義人民共和国戦」は1-0でU-23朝鮮民主主義人民共和国女子代表が勝利しました。
日本の第2戦は10月9日(水)の現地時間15:00、U-23中国女子代表と対戦します。

U-23日本女子代表、大会初戦に8-2で白星スタート

監督・選手コメント

佐々木則夫監督
U-23日本女子代表、大会初戦に8-2で白星スタート
立ち上げてからの期間が短いチームながらも、連携した守備や攻撃面での効果的なサイドチェンジや崩し、スペースの使い方など、選手たちは意欲的にトライし、やりきろうという姿勢を見せてくれました。なでしこジャパンに通ずるコンセプトでトライしていますが、こうした前半の動きが得点に結びつきました。
ただ後半になると、疲労から技術・判断の質が落ちました。こうした部分はこの大会で一人ひとりが成長してくれればと思います。また攻撃しているときのリスク管理にも課題が残りました。同じパターンで危ない場面を招いているのに察知しきれなかった。実際に失点したことによって、次につなげなければいけません。
選手個々が経験をプラスし、2014年、2015年につなげてほしいですし、そのきっかけとなる大会にしていきたいと思います。

植村祥子選手(日本体育大学)
裏に抜ける動きは一番得意なところです(1点目)。キャンプ期間中もよくトレーニングしていた部分なので、出せてよかったです。吉良選手がうまく落としてくれたボールもありましたし、またいいボールも出てきたので、決めるだけでした。
前半はいいプレーもありましたが、後半はできたことが少なく、トラップやパスの精度も下がりました。また相手のディフェンスラインが止まっているなかでパスコースを作るなどの動きはまだまだ出来ていません。課題として次につなげたいと思います。
自分よりも年下の選手もなでしこジャパンにどんどん入っています。ここでのチャンスをどれだけものにできるかが重要だと思っています。

乃一綾選手(伊賀フットボールクラブくノ一)
佐々木監督に「芝が深いぶん、サイドチェンジでシンプルに展開するように」と言われてピッチに送り出されました。攻撃面では、交代してすぐは流れを変えられたと思いますが、守備の時間が多くなるにつれて、周りの選手との連携がうまくできない時間帯がありました。ビデオを見て、改善していきたいと思います。また、今日は選手同士の声が少なかったように思うので、自分自身ももっとやりたいことを伝えていきたいです。
この大会を変われるきっかけにしていきたいですし、アピールして上を目指したいと思います。

U-23日本女子代表、大会初戦に8-2で白星スタート

U-23日本女子代表、大会初戦に8-2で白星スタート

第6回東アジア競技大会(2013/天津) サッカー女子
第2戦 vs U-23中国女子代表
10月9日(水) 15:00 キックオフ(予定)
(日本時間:9日(水) 16:00 キックオフ(予定) )
大会詳細は、こちら