JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/10/25

U-17日本代表 FIFAU-17ワールドカップUAE2013 チュニジアに逆転勝利!
グループステージ首位通過!

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013 チュニジアに逆転勝利!グループステージ首位通過!

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013
2013年10月24日(月)現地時間 17:00 キックオフ 45分ハーフ
Sharjah Stadium(UAE/Sharjah)

U-17日本代表 2-1(前半 0-1、後半 2-0) U-17チュニジア代表

得点者
45+2分 DRAGER(チュニジア)
87分 坂井大将(日本)
90+3分 渡辺凌磨(日本)

スターティングメンバー
GK:林瑞輝
DF:鈴木徳真、中野雅臣、三好康児、会津雄生
MF:仲村京雅、三竿健斗、瓜生昂勢
FW:小川紘生、渡辺凌磨、杉森考起

サブメンバー
GK:白岡ティモシィ、阿部航斗
DF:石田峻真、宮原和也、茂木力也、坂井大将
MF:水谷拓磨、永島悠史、斎藤翔太
FW:杉本太郎

交代
43分 杉森考起 → 杉本太郎
ハーフタイム 仲村京雅 → 坂井大将
79分 瓜生昂勢 → 水谷拓磨

マッチレポート

Dグループ1位をかけてアフリカの雄、チュニジアと対戦。
立ち上がりマンツーマンディフェンスに定評のある相手に対し、日本は思うようにボールを回すことができずリズムが掴めません。
吉武監督から「テンポ良くパスを回すように!」と指示を受け、前半15分頃からボールがようやく周りはじめ、徐々に日本ペースになっていく。
32分、小川紘生選手からのパスを受けた渡辺凌磨選手が強烈な左足のシュートを放つも相手GKの堅守に阻まれ、得点は奪えない。43分には初先発の杉森考起選手に替え杉本太郎選手を投入。どちらも譲らずそのまま前半終了と思われたアディショナルタイム、チュニジアに日本の左サイドを崩されゴール前にセンタリングを上げられる。これをダイレクトで落とされ、後ろから走りこんだ13 DRAGER選手に強烈なミドルシュートを叩きこまれ先制を許し、0-1で折り返します。

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013 チュニジアに逆転勝利!グループステージ首位通過!

後半開始からフロントボランチの仲村京雅選手に代え、坂井大将選手を投入。左サイドバックに入り、三好康児選手が右のフロントボランチにポジションチェンジします。

開始早々、立て続けにコーナーキックを獲得し、同点に追いつくべく激しく攻め立てる日本。
60分頃から相手選手の足がつりはじめ、ゲームは度々止められ、時間が過ぎていきます。
しかし、ハーフタイムに吉武監督から「じれずにやり続けよう。相手の足は絶対に止まる。チャンスは必ずやってくる」と指示されたことをやり抜き、相手をペナルティエリアの前に釘付けにします。
63分、交代出場の杉本がドリブルで仕かけ、左足を振り抜くも惜しくも左ポストを直撃。徐々にゴールの匂いが漂いはじめます。
チャンスを作るもなかなか決められず敗戦濃厚となった87分、杉本選手のスルーパスに抜けだした坂井選手がシュートを狙うも相手ディフェンダーが身体を入れクリアを試みます。しかしそのディフェンダーに身体を寄せていき、執念で伸ばした坂井選手の左足に相手のクリアボールが当たり、そのままゴールへと吸い込まれ、1-1の同点に。

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013 チュニジアに逆転勝利!グループステージ首位通過!

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013 チュニジアに逆転勝利!グループステージ首位通過!

土壇場で同点に追いつくと、攻撃の手を緩めず勝ち越し点を狙う日本。相手の足が完全に止まった所を更にパスを回し続け、ラストチャンスに懸けます。
そしてラストプレーの93分、杉本選手、坂井選手とつなぎ水谷拓磨選手がディフェンス2人とGKを引きつけ、ゴール中央へグラウンダーのラストパス。走りこんだ渡辺選手が右足で流し込み、最後の最後で勝ち越しに成功。劇的な結末でグループリーグ最終戦を勝利で飾り、首位通過でのグループステージ突破を決めました。

監督・選手コメント

吉武博文監督
<試合後の記者会見より>
相手はマンツーマンディフェンスをしていたのですが、なかなかマークを外すことができませんでした。今日のセンターバックはいつもは攻撃的なポジションをしている選手たちなので、ボールを前へと運ぶことはできたのですが、マークを外せず、苦しい展開となりました。これからこの課題を解決していきたいです。選手たちはよく頑張ってくれました。90分という試合時間の中で必ず自分たちの時間がくる。だいたい70分、80分くらいが鍵となるのですが、そこまで我慢ができるか。今日は一番悪い時に失点をしてしまいました。それをひっくり返せたのはチームワーク、団結心というものを発揮できたからだと思います。決勝トーナメントに向けて良いムードになりました。
次の試合も選手たちの心身両面のコンディション、そして相手国との相性を見て、選手を決めていきたいと思います。それに対応できる21名を連れてきたつもりです。

仲村京雅選手(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18)選手情報はこちら

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013 チュニジアに逆転勝利!グループステージ首位通過!

今日は上手くボールを引き出すこと、受けることができなくて、ミスが多くなってしまいました。チームの流れを作れなかったのが残念です。何度かスルーパス出せたところは良かったと思いますが、ボールを受ける前にマークをどう剥がすか、ボールを受けた時に如何に前にボールを持っていくかいうことが課題です。しっかりとトレーニングで修正したいと思います。まだアシストや得点がないので、決勝トーナメントでは点に絡むプレーをしてチームに貢献したいです。

会津雄生選手(柏レイソルU-18)選手情報はこちら

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013 チュニジアに逆転勝利!グループステージ首位通過!

前半はミスが多くリズムが作れなかったです。前半終了間際の失点は痛かったですが、ハーフタイムでしっかりと修正して、後半は主導権を握りながら自分達のサッカーができました。自分達のサッカーを貫き通したことが、最後の劇的な決勝点に繋がったと思います。ボール保持率をもっと上げて、相手をもっともっと疲れさせたいです。チームの雰囲気はとても良いですし、これから更に団結して目標のファイナリストになれるように戦っていきたいです。

坂井大将選手(大分トリニータU-18)選手情報はこちら

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013 チュニジアに逆転勝利!グループステージ首位通過!

上手く杉本選手からのスルーパスに抜け出せたが、シュートを打てませんでした。相手のクリアが運よく自分の足にあたってゴールとなって嬉しかったです。そして今日の2点目のようにボールを回し続けた中で自分が受けれて水谷選手にスルーパスを出せたプレーの方が気持良かったです。GKと2対1を作れたのは良かったです。次の試合でももっと決定機を作れるように相手を良く観てプレーしていきたいです。いよいよ決勝トーナメントなので、相手も絶対に負けられない状況で挑んでくると思います。その状況を楽しんで、しっかりと結果を残せれるように頑張りたいと思います。応援よろしくおねがいします。

渡辺凌磨選手(前橋育英高校)選手情報はこちら

FIFA U-17ワールドカップ UAE 2013 チュニジアに逆転勝利!グループステージ首位通過!

前半は攻撃を受ける場面が多く苦しい展開でした。ハーフタイムにみんなで話し合ってボールを受ける場所やフリーになれる場所を確認できたので良かったです。ゴールは坂井選手と水谷選手で左サイドを崩してくれて中で押しこむだけでした。みんなに感謝したいです。これから更に厳しい戦いになりますが、「96JAPAN」らしいサッカーをしてファイナリストを目指したいです。チャレンジャー精神で臨んでいきますので、応援よろしくお願いします。

FIFA U-17ワールドカップ UAE2013
ラウンド16 vs 対戦相手未定
10月28日(月)17:00キックオフ(日本時間 28日(月)22:00キックオフ)
大会詳細は、こちら