JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ

トピックス

2013/10/31

U-17日本代表 FIFA U-17ワールドカップ UAE2013 活動レポート(10/29)

10月29日(火)

昨晩のRound16 スウェーデン戦から一夜明け、帰国の日を迎えました。フライトが深夜の為、午前中はプールでリカバリートレーニングの後、自由時間となりました。16日目にして初めてのプール、選手達は緊張から解き放たれプールでのひとときを楽しんでいました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

そして午後からはミーティング。96JAPANでは、多くの時間をミーティングに割いてきました。しかしこのミーティングで最後となります。

まずは選手達が背番号順に96JAPANの活動の感想や、ワールドカップの感想を口にします。途中、涙で声を詰まらせながら話す選手達。会場は大きな感動で包まれました。
開口一番出てくる言葉はやはり「悔しい」でした。そして吉武監督やチームスタッフ・家族・所属チーム・学校や友人に向けての「感謝」の言葉です。次のステージ(カテゴリー)での再会を誓い合い、お互いの更なる努力を約束しました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

原JFA技術委員長からは、「もっと自分のストロングポイントを活かすこと。10年後に日本を代表する選手になってくれることを期待する。どうせやるなら“上”を目指すのではなく“上の上”を目指すように!」とアドバイスが送られました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

ミーティング後には、選手達から思わぬプレゼント。選手のコメント・サインが入ったオリジナルユニフォームがスタッフに送られました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

GKの3人からはもちろん大橋コーチへ。白岡選手は「代表活動で学んだことを日頃のトレーニングに活かし、上手くなれるように努力します!」と話していました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

そして今日はチームの立ち上げから96JAPANのコンディショニングを支えてきた並木磨去光アスレティックトレーナーの誕生日です。並木トレーナーは、ワールドカップに3回、オリンピックに4回帯同など多くの国際大会の経験を持っており、その経験をいつも絶妙なタイミングで選手達に伝えてくれるお父さん的存在で、いつも面白い話でチームを盛り上げてくれました。選手達は日頃、厳しいフィジカルトレーニングをしてくれたトレーナーに感謝の気持ちも込めてバースデーソングを歌って祝福しました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

ミーティング後は15泊したシャルジャのホテルを後にして、ドバイへ向かいました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

世界的にも有名なバージュ・カリファ。1月のUAE遠征でも立ち寄りましたが、夕暮れ時は更に美しく選手達は記念撮影に奔走していました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

ドバイでの夕食後、帰国の途に就きました。
日付が変わった30日(水)、これから10時間のフライトです。
機内ではいつも96JAPAN合宿の度に差し入れをして下さり、試合前には必ず激励のメッセージを送って下さる福岡県在住の波多江輝子さんにお礼のメッセージを書きました。96JAPANのみならず、アンダーカテゴリー全ての活動をサポートしてくれています。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

無事に日本に帰国し、安堵の表情を浮かべるも刻一刻と本当の解散の時が迫ります。
成田空港では、出迎えてくれた松田薫二JFA代表チーム部部長が「良く戦ってくれた。この経験をしているのは君達だけなので、是非次に活かして欲しい」と労いの言葉をかけてくれました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

最後は吉武監督の「願い事は叶わなかった時に思い出すもの。今回我々の願い事は叶わなかったが、今日から新しい願い事をし、今度は思い出さない結果になることを願っています。」という言葉を送り、練習の最後にいつも行っている“日田締め”でその活動の全てを終えました。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)

96JAPANの活動は2011年3月14日に始まる予定でしたが、その3日前に発生した東日本大震災の為中止となりました。仕切り直して翌4月から活動を開始、常に“日本に元気を!サッカーができる喜びを感じる”という気持ちで取り組んできました。選手たちの言葉からはいつも『感謝』の気持ちが伝わってきます。日本人としてのスピリットを世界の舞台で存分に発揮し、躍動した選手達に惜しみない拍手を送り、また96JAPANの活動に参加した200人の選手達が夢へ挑戦してくれることを期待し活動レポートを終了します。

U-17日本代表 FIFA U-17 ワールドカップUAE2013 活動レポート(10/29)



FIFA U-17ワールドカップ UAE2013
大会詳細は、こちら