JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2014/03/24

U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップコスタリカ2014
グループステージ3連勝で準々決勝へ

FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014

FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014
2014年3月23日(日) 現地時間17:00キックオフ 45分ハーフ
National Stadium(コスタリカ/サンホセ)

U-17日本女子代表 3-0(前半1-0、後半2-0) U-17ニュージーランド女子代表

FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014

FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014

得点者
21分 長谷川唯(U-17日本女子代表)
71分 小林里歌子(U-17日本女子代表)
90+3分 松原志歩(U-17日本女子代表)

FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014

スターティングメンバー
GK:浅野菜摘
DF:北川ひかる、市瀬菜々、大熊良奈、橋沼真帆
MF:西田明華、宮川麻都、長谷川唯、佐藤瑞夏
FW:小林里歌子、齋原みず稀

サブメンバー
GK:松本真未子、森田有加里
DF:松原志歩、遠藤優、南萌華
MF:杉田妃和、長野風花、平塚万貴
FW:鴨川実歩、児野楓香

交代
HT 佐藤瑞夏 → 児野楓香
74分 西田明華 → 松原志歩
84分 浅野菜摘 → 森田有加里

FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014

マッチレポート

初戦のスペイン戦を2-0、第2戦のパラグアイ戦を10-0とここまで2連勝の日本、第3戦の相手はニュージーランド。「グループステージ突破は決まっているが、首位を決める大事な試合。全員で、前のゲームより成長した内容で勝利しよう!」と高倉監督は試合前に選手たちに呼びかけます。
ニュージーランドは今年2月のアメリカ遠征でも対戦(5-0で勝利)し、日本をよく知る相手です。今大会初戦はパラグアイと1-1と引き分け、第2戦はスペインに0-3で敗戦。日本に勝利すれば初のグループステージ突破へ望みがつながる重要な試合です。
会場はサンホセのナショナルスタジアム。日曜日ということもあり、5,100人の大観衆が集まりました。
日本は今大会初先発のメンバーが5名とフレッシュな布陣で臨みます。
ニュージーランドボールでのキックオフ、序盤から日本がペースを掴みます。4分には早くもこの日1本目のCKのチャンス。長谷川唯選手(日テレ・ベレーザ)からのボールをファーサイドのゴールエリア近くで北川ひかる選手(JFAアカデミー福島)が頭で合わせますがゴール上外。18分には左サイドからのクロスボールをゴール前でニュージーランドDFがクリアし、そのボールを右サイドの佐藤瑞夏選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18)がシュートするもゴールの枠を捉えきれず。
しかしその3分後、ゴール左でボールを持った齋原みず稀選手(アンジュヴィオレ広島)が個人技でニュージーランドDF2人を抜いてゴールラインまでボールを運び、マイナスに入れたボールに走りこんできた長谷川唯選手(日テレ・ベレーザ)があわせ、日本が先制します。
前半はその後、ニュージーランドの堅い守りに跳ね返され、日本はなかなかシュートまで持ち込むことができません。
後半、高倉監督は佐藤選手に代えて児野楓香選手(藤枝順心高校)をピッチに送り出します。
攻撃の活性化を図るものの、なかなか決定的なチャンスに結びつけることができないまま迎えた70分、日本の波状攻撃のなかニュージーランドペナルティエリア内でハンドの反則があり、日本がPKを得ます。これを小林里歌子選手(常盤木学園高校)が落ち着いてGKの逆をつくシュートを決め、日本がリードを2点に広げます。
78分には宮川麻都選手(日テレ・メニーナ)がミドルシュート、90分にはFKから長谷川選手がシュートを打ちますがいずれもクロスバーに嫌われます。
後半アディショナルタイム3分、途中出場の松原志歩選手(セレッソ大阪堺レディース)のゴールが生まれます。左サイドを駆け上がった北川選手からのクロスにフリーでゴール正面に走りこみ、きっちりと合わせたボールがニュージーランドゴールに吸い込まれ、日本の勝利を決定づける3得点目を挙げました。
マッチMVPには長谷川選手が選出されました。

FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014

グループステージを3連勝した日本は3試合を終えて15得点0失点で準々決勝に進むことになりました。日本は、これまでの4大会全てでグループステージを突破した唯一のチームとなりました。
準々決勝の相手は、グループDを2位に終えたメキシコとなりました。ここからは90分間で勝敗が決まらない場合、延長は無く即PKとなる一発勝負。
明日は準々決勝開催地であるリベリアへ移動となります。コンディションを整えて準々決勝に臨みます。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
準々決勝進出は決まっていましたが、グループステージ全勝を目指していましたので3-0で勝てたことは良かったです。様々な選手が試合に出場したなかで、攻撃においてはテンポアップ不足の面がありましたが、守備の意識は継続して集中できていました。ニュージーランドも集中した良い守備をしてきたので、前半はどの選手も同じタイミングでアクションを起こしていました。変化を加える必要を感じ、ハーフタイムに少しドリブル突破を多くしようと話しました。決勝トーナメントに向けては、いかに得点を取るかといった攻撃面が課題です。コンビネーションや個人が持っている能力を引き出せるよう、積み上げていきたいです。どのチームが来ても簡単ではないですが、同時に日本の選手たちが積み上げてきたサッカーがしっかりできれば、勝つことは十分可能だと考えています。

長谷川唯 選手(日テレ・ベレーザ)選手情報はこちら
(マッチMVPとなって)このような賞をいただいて嬉しいです。ニュージーランドは前回の対戦のような狭いブロックという戦い方ではなくなっていた印象です。サイドのドリブル突破でゴールエリアには入っていけたので、これを前半からもっと仕掛けるべきだったと思います。準々決勝に向けては、チームで細かいミスを無くしていきたいです。もちろん優勝を狙いますが、チャレンジャーとしての立ち位置を忘れずに、一試合一試合戦っていきます。(準々決勝の)リベリアは暑いので、最後まで走り切ることが重要です。笛がなるまで全員でやりぬきたいです。

市瀬菜々 選手(常盤木学園高校)選手情報はこちら
キャプテンをやるのは初めての経験で、いつも以上に緊張しました。自分としてはあまりうまくプレー出来ませんでしたが、グループリーグを無失点で終えたことは良かったです。スペイン戦や、パラグアイ戦の後半は結構パスをつなげていましたが、今日はパスミスが目立ちました。ビルドアップの段階でパスを丁寧につなげませんでした。試合終盤で良い流れになったことは良かったですが、相手が疲れてきたことも要因だと思います。ロングボールへの対応が課題でしたが、今日は良かったと思います。パラグアイ戦で問題だったゲームへの入り方についても、今日は特に意識し、かなり良くなったと思います。準々決勝では、ずっと取り組んできたラインコントロールを意識しながら、速い相手に対してのタイミングも、明日からのトレーニングであわせていきたいです。さらに、ゲームの入り方に気をつけること、ビルドアップを的確にして攻撃にリズムを付けることをやりたいと思います。

浅野菜摘 選手(JFAアカデミー福島)選手情報はこちら
ナショナルスタジアムでプレーできるのが楽しみでした。前日のトレーニングでプレーに少し不安がありましたが、監督や他の選手から強気で行けと言われていたので、気持ちを入れて試合に臨みました。試合では、ずっとトレーニングでやって来たロングボールへの対応を意識し、観客が多かったので味方に届くような声出しをしようと思っていました。自分でボールを受けた場面で、次のプレーで思ったところに蹴れましたし、完璧ではなかったですがディフェンスラインの背後に来たボールを味方とコミュニケーションを取りつつ、相手より前に処理することが出来ました。次の試合に向けて、もっとリスクマネジメントの声を具体的にしたり、自分が行くのか行かないのかの判断をもっと早く、的確にしたいと思います。

小林里歌子 選手(常盤木学園高校)選手情報はこちら
試合には得点を取ろうとイメージして入りましたが、なかなかチャンスが作れませんでした。チーム全体としても、攻めてはいましたが、攻撃が単調になってしまい、課題が残りました。ゲーム前に映像で見たときからニュージーランドは最終ラインを高く保っていたので、ディフェンスラインの裏に抜けることを狙っていました。しかし、チームとして3人目の動きやコンビネーション、個人としては仕掛けが不足していたと思います。次からは一発勝負となるので絶対に負けられません。苦しい時にチーム皆で声を掛け合って、一丸となって乗り越えたいと思います。

スケジュール

日時 予定
03月06日(木) 1-2 トレーニングマッチ
対 JFAアカデミー福島
03月11日(火) 1-1 トレーニングマッチ 対 カナダ
(Victoria Pitch)
FIFA U-17女子ワールドカップコスタリカ2014
03月16日(日) 2-0 対 スペイン(チバス)
テレビ放送
【CS(フジテレビNEXT)】
03月17日(月)04:50~07:10(生放送)※日本時間
03月19日(水) 10-0 対 パラグアイ(チバス)
テレビ放送
【CS(フジテレビNEXT)】
03月20日(木)10:50~13:10(生放送)※日本時間
03月23日(日) 3-0 対 ニュージーランド(サンホセ)
テレビ放送
【CS(フジテレビNEXT)】
03月24日(月)07:50~10:10(生放送)※日本時間
03月27日(木) 17:00
(現地時間)
準々決勝 対 メキシコ(リベリア)
03月31日(月) 17:00/
20:00
(現地時間)
準決勝(リベリア)
04月04日(金) 14:00/
17:00
(現地時間)
3位決定戦/決勝(サンホセ)
会場名
チバス:リカルド・サプリサ・アイマスタジアム
サンホセ:コスタリカ・ナショナルスタジアム
リベリア:エドガルド・バルトダーノスタジアム