JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2014/02/09

U-17日本女子代表 アメリカ遠征 第2戦 U-17中国女子代表と引き分ける

U-17日本女子代表

2014 U-17 Women's NTC Invitational 第2戦
2014年2月7日(金)現地時間15:00キックオフ 45分ハーフ
USSF NTC(アメリカ/カーソン)

U-17日本女子代表 0-0 U-17中国女子代表

スターティングメンバー
GK:浅野菜摘
DF:宮川麻都、南萌華、橋沼真帆松原志歩
MF:立花葉、市瀬菜々、神田若帆、杉田妃和、長野風花
FW:斉原みず稀

サブメンバー
GK:松本真未子
DF:安部 由希子、國武愛美、佐藤瑞夏
MF:長谷川唯、西田明華
FW:山下史華、北川ひかる、小林里歌子、児野楓香

交代
ハーフタイム 神田 若帆 → 小林 里歌子
ハーフタイム 宮川 麻都 → 北川 ひかる
ハーフタイム  立花 葉 → 長谷川 唯
ハーフタイム市瀬 菜々 → 佐藤 瑞夏
77分 長野 風花  → 西田 明華

マッチレポート

ニュージーランドを相手に5得点を挙げて勝利した第1戦から、中1日で第2戦を迎えました。第1戦からスターティングメンバー7名を入れ替えて中国戦に挑みました。

試合前のミーティングでは、「連動したサッカーをする」という目標を全員で再確認しました。

第1戦とは異なり暖かい陽気のなか、中国ボールでキックオフ。開始早々、3分、DF陣の一瞬の隙をつかれて自陣でボールを失うと、そのままゴール前まで持ち込まれシュートを打たれます。これは幸いにもポストに助けられますが、その後もパスミスから相手にボールを奪われ、ピンチを招く場面が続きます。自分たちのリズムを取り戻そうと試みる日本。すると7分、ゴール前で市瀬菜々選手の折り返しに反応した斉原みず稀選手がシュート、ゴール右に外れます。ようやくリズムを取り戻した日本ですが、引く相手をなかなか崩しきれません。27分には立花葉選手からのパスを受けた杉田妃和選手がシュート、35分にはゴール前で相手DFのこぼれ球を拾った長野風花選手がシュートを打つもGKに阻まれます。無得点のまま、前半を終えます。

U-17日本女子代表

ハーフタイムには、自分たちのうまくいかなかった点を選手同士で話し合う場面が多く見受けられました。「今日のようにうまくいかない試合もある。そういうときは自分たちで考えて、何かを変えていかないといけない。もっとゴールに向かってチャレンジしよう」と声をかけ、選手たちをピッチに送り出しました。

U-17日本女子代表

後半から4人の選手を選手交代を行い、布陣も2トップへと変更します。開始早々47分、長谷川選手からのパスを、左サイドを駆け上がった北川選手が受け、ドリブルで持ち込みシュート、惜しくもゴール上に外れます。続く59分、左サイド北川選手からのパスを受けた小林選手が送ったラストパスを佐藤選手がシュート。これはGKに弾かれます。その後も日本がボールを保持するも、最後まで中国ゴールを打ち破ることは出来ず、0-0で試合終了。お互いに勝ち点1を分け合う結果となりました。

第3戦は、アメリカと対戦します。

監督・選手コメント

高倉麻子監督
今日は試合への入り方が悪く、プレーが単発で終わることが多い内容となりました。ミスが出たことで、なかなか自分たちのペースに持って行くことが出来ませんでした。ボールを動かしていても、攻撃のテンポが上がらずにゴール前を無理にこじ開けようとして、相手にボールを奪われて速攻を受けてしまう場面も多く見られました。試合に臨む姿勢、攻撃の形をもう一度確認し、次のアメリカ戦はチームとして躍動感のある試合をしたいと思います。

南萌華選手(浦和レッズレディースユース)
今日の試合は個人としてもチームとしても課題が多く残る試合になりました。私は、受ける人が次のプレーに移りやすいパスが出せずに味方を困らせてしまったりと、細かいミスが多かったです。ロングボールを使って良い展開が出せたのはよかったです。試合で出た課題をアメリカ戦までに修正し、自分たちが思うようなサッカーをして絶対に勝ちたいと思います。

佐藤瑞夏選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18)
後半から出場し、「攻撃の流れを良くしたい」と思いながらピッチに立ちました。後半は日本が試合を支配できましたが、得点が取れませんでした。個人としても、シュートは打てても決めることができませんでしたし、相手にもっと厳しく行かないといけないと改めて思いました。3戦目のアメリカ戦では、今日出来たことはもっと良くなるように、出来なかったことは出来るようにしていきたいです。

長野風花選手(浦和レッズレディースユース)
今日は得点することが出来ませんでした。原因はいくつもあります。動き出しが少ない、シュートが少ない、球際の勝負で負けていた、パスが弱い。このほかにもたくさんの原因がありました。また、試合中に自分たちの悪いところを修正することが出来ませんでした。いつも高倉監督が言っている「自分たちでチームを作る」という意識が欠けていたのだと思います。良い流れを作れていた場面もあったので、こういった部分は継続して、遠征最終戦に向けて課題を修正していきたいです。

スケジュール ※現地時間

2月5日(水) 2014 U-17 Women's NTC Invitational
15:00 <第1戦>対ニュージーランド
2月7日(金) 15:00 <第2戦>対中国
2月9日(日) 16:00 <第3戦>対アメリカ

今後の予定

2月21日(金)~
23日(日)
国内トレーニングキャンプ(千葉)
3月5日(水)~
7日(金)
直前トレーニングキャンプ(静岡)
3月8日(土)~
4月6日(日)
コスタリカ遠征(FIFA U-17女子ワールドカップ コスタリカ2014)
※日本の大会初戦は3月16日(日)、決勝は4月4日(金)
※日程は変更になる可能性があります。