JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2014/02/22

U-17日本女子代表候補 トレーニングキャンプ活動レポート(2/21)

FIFAU-17女子ワールドカップを3週間後に控え、U-17日本女子代表候補のトレーニングキャンプが千葉県内でスタートしました。3日間という非常に短い期間の中で、ワールドカップに向けて調整を行います。

画像の説明

体幹トレーニングからスタート。今月初めに行ったアメリカ遠征では、自分たちと体格差のある相手と対戦し、体幹の重要さを身にしみて実感しました。世界の強豪相手に当たり負けしないよう、日々体幹を鍛えます。

画像の説明

続いて、反射神経を鍛えるトレーニングを行いました。前後左右に番号を振ります。横1列に整列し、トレーナーさんから4つの番号が告げられると、その方向に進みます。

例えば、「前:1、右:2、後:3、左:4」と割り振り、「3、4、2、1」と言われると、選手は、後ろ→左→右→前の順番で進みます。

全員が同じ方向に進まなければならないのですが、なぜか選手同士が衝突する場面も・・・。
瞬時に判断し、行動しなければいけません。

(正)
画像の説明

(誤)
画像の説明

最後は、ピッチの半面ほどの広さで5対5のトレーニングを行いました。

夕食後にはミーティングを実施し、今後のスケジュールや「SNSの使い方」などを確認しました。SNSを使って誰もが手軽に情報発信できるようになった現代において、その影響力と危険性について学びました。

画像の説明

選手コメント

森田有加里選手(大阪桐蔭高)
一つ一つにこだわりを持つことを意識してトレーニングに入りました。
ボールのキャッチや弾くところでは、こだわりをもって判断して処理できたのですが、少し動きを入れると、失ってしまう場面もありました。
フィールドと混ざってのトレーニングでは、プレッシャーがかかる中でパスの質をもっと変えていき、後ろから声をかけて支えられるようにしていきたいです。
残りの日数、時間は限られているので、その中で、もっと自分を出せるように、1つ1つを大事に、丁寧に、自分の長所を活かせるようにし、チームを向上できるように精一杯頑張っていきたいです。

平塚万貴選手(西南フットボールクラブU-15)
「見ること」と「1対1の強さ」をテーマにトレーニングが始まりました。
「見ること」は、まだ自分の中で出来ておらず、ボールを見失うことがありました。ボールが来る前にしっかり準備をすることが大切だと感じました。
そして守備の時にも「見ること」は大切だと思いました。ただがむしゃらにボールを奪いに行くのではなく、しっかり予測しないといけません。
「1対1の強さ」の部分は、もっとボールを取りにいかないと、世界の選手を相手にするには通用しないと思いました。
明日からのトレーニングでは、攻守においてしっかり周りを見ることと、球際の強さを意識して取り組みたいです。

大熊良奈選手(JFAアカデミー福島)
今日のトレーニングでは、出来なかったことのほうが多かったです。慌ててプレーすることが多くありました。シュートやパスの時に自分がフリーだったら、ボールを動かしながらキープしたり、味方がフリーだったら一度当てるなど、もっと慌てずに状況判断できるよう、残りのトレーニングも頑張りたいです。

スケジュール

2月23日(日) AM トレーニングマッチ
対 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更される場合があります。