JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2010/10/18

JFAエリートプログラム 女子U-14 試合結果
U-14日本女子選抜 韓国遠征 2試合目

U-14日本女子選抜 韓国遠征 2試合目

10月11日(月)
韓国・木浦 Mokpo International Football Center

15:00キックオフ [35分ハーフ]
U-14日本女子選抜 1-0(前半1-0) U-14韓国女子代表

U-14日本女子選抜 韓国遠征

得点
8分 瀧澤 莉央

ゲームレポート
韓国遠征2戦目は昨日と打って変わってキックオフから韓国がロングボールを多用してきた。DFラインがなんとか弾き返すもセカンドボールが上手く拾えず韓国の早くて強いアプローチにきちんとボールを繋ぎながら組立てが出来ずない。8分に左サイドを崩しクロスが右に流れた所をゴールラインのことろで何とか残しプルバックしたボールを瀧澤が落ち着いてゴールに流し込み先制点をあげる。しかしその後も安易なパスミスがからボールがなかなか収まらずペースを握ることができない。後半も韓国は前からタイトなプレッシャーをかけながらロングボールで日本のゴールを狙い続けた。日本はハイプレッシャーの中でテクニックを発揮できず自らのパスミスでゴール前までボールを運ぶことができずロングシュートでフィニッシュする単調な攻撃となった。しかし最後まで集中して韓国の攻撃に対し体を張ったプレーで守りきり1-0で勝てた事は選手にとって収穫のある試合となった。

U-14日本女子選抜 韓国遠征

選手コメント
NO.7 畑中 美友香[大阪府:FCヴィトーリア]
初めは落ち着いてボールをつなげれた。最後は韓国の流れだったけど、みんなで力を合わせて守れた。ワンツーをして相手を崩してセンターリング、という良い流れを作れた。もっと責任感のあるプレイヤーになりたい。

NO.17 安齋 結花[千葉県:ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-15]
個人的にはパスミスがあったりしたけど、チャレンジすることが出来ました。チームとして少し課題が残ったけど、とてもよい経験ができてよかったです。

NO.11 清家 貴子[埼玉県:浦和レッズジュニアユースレディース]
今日の試合は、昨日に比べ韓国のプレッシャーが速くなっていて、全体的に焦ってしまい、パスミスも多かったです。自分もセンターバックで出て、マークの確認、ラインアップが遅れてしまうことがありました。結果的には勝ったけど、改善点が多かったので、それを直せばもっと楽しい試合ができたと思います。

U-14日本女子選抜 韓国遠征