JFA|日本サッカー協会  Japan Football Association
JFAへの登録リンクENGLISHRSS
前へ 最新へ 月別へ 次へ

トピックス

2013/11/08

女子サッカー普及施策「なでしこひろば」を新展開
本日より、参加事業者の募集を開始

公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)は、女子サッカーの普及・育成事業「未来のなでしこプロジェクト」の一環として、普及の柱となる施策「なでしこひろば」を新たに展開、本日11月8日より参加事業者の募集を開始します。
本施策は、女子の登録チーム加入やサッカー教室参加における環境が整備されていないなか、民間のスポーツ施設やサッカースクール、チームなどが定期開催するサッカークリニックや練習会などをJFAが一定の条件をもとに「なでしこひろば」と公認、全国に展開するものです。認定者には名称を使用する権利やバナーなど広報ツールの提供、なでしこひろばホームページでの告知協力、指導者の紹介などをサポートしていきます。その第一号として、FC東京、はままつフルーツパーク、十文字スポーツクラブの3団体が「なでしこひろば」として認定され、11月末より順次、活動が開始されます。
「未来のなでしこ」がサッカーに触れる機会を創出すると同時に、年齢を問わず女性がサッカーを身近なスポーツとして楽しむことができる環境を整備し、日本女子サッカーのさらなる発展を目指します。

なでしこひろば 概要

女子サッカー普及施策「なでしこひろば」を新展開本日より、参加事業者の募集を開始
「なでしこひろば」とは、女性が、子どもから大人まで日常生活の中で定期的にサッカーやフットサルを気軽に『はじめて』『たのしみ』『つづける』ことのできる<場所>や<時間>のことです。


主な「なでしこひろば」認定条件
1.女性を対象とした「個人参加フットサル」や「サッカースクール」、「体験練習会」などを定期的(月に1回以上)に実施すること
2.指導者は、JFA公認D級ライセンス以上の資格を保有していること

より多くの団体で「なでしこひろば」の活動ができるよう、すでに女子サッカーの活動をしている団体やこれから始めようとする団体が申請しやすい内容としています。認定条件以外に、女性への参加料金の優遇や安心して参加できる運営体制や環境づくりなどを推奨しています。

主な活動例
1.個人参加のフットサル(女性が気軽にフットサルなどの施設を使用、参加ができること)
2.女性向けサッカースクール/クリニック(女性を対象としたスクールなどを企画し、募集・実施を行うこと)
3.体験練習会、合同練習会(チームに登録していない女性も練習に気軽に参加することができること)

なでしこひろば認定プロセス
1.なでしこひろばホームページ(www.nadeshikohiroba.jp)から直接又は申請用紙をダウンロードしてFAXにて申請
2.なでしこひろば事務局が審査のうえ公認の可否を決定
3.JFA認定後、提供ツール(バナーまたはのぼり、認定ステッカー、スタンプカード、スタンプカードを集めた参加者への景品)や運営マニュアルを送付
4.必要に応じて、JFAが指導者紹介、活動の運営・企画立案のサポートを行う
5.なでしこひろばホームページ(www.nadeshikohiroba.jp)を通じ、JFAが告知や活動報告に協力

上田栄治女子委員長コメント
「現在、日本女子サッカーは『なでしこvision』をミッション・ステートメントとして、普及・育成・強化を進めています。なでしこジャパンの活躍により女子サッカーへの関心は高まっていますが、女子サッカーにチャレンジしたい子どもたちへのサポートは日本サッカー界全体の課題です。『なでしこひろば』は、2015年には500カ所に展開することを目標としています。『なでしこひろば』を通じて女性がサッカー・フットサルを身近なスポーツとして楽しむことのできる環境を整備し、選手やチームの増加へつなげることで、日本女子サッカーの更なる発展を目指します」

今後の「なでしこひろば」開催情報
11/16(土)「なでしこひろば 上石神井 by FC東京」
11/24(日)「なでしこひろば in はままつフルーツパーク」
11/24(日)「なでしこひろば in 十文字スポーツクラブ」
※各なでしこひろばの詳細(会場、参加方法、申込方法)は、なでしこひろばホームページ(www.nadeshikohiroba.jp)からご覧いただけます。

なでしこvision “世界のなでしこになる“

日本女子サッカーの発展のために、そして「JFAの理念、ビジョン、約束」を実現するために、「世界のなでしこなる。」というビジョンのもと、女子サッカーに関わるすべての人々が共有し、遂行する、3つの目標を定めています。

1.サッカーを日本女子のメジャースポーツにする。
■男女を問わず、サッカーを気軽に楽しめ、生涯かかわり続けられる環境をつくる。
■少女・女性もするスポーツ、そしてみんなから愛される・応援されるスポーツとして、女子サッカーの認知度を上げる。
■近い将来、FIFA女子ワールドカップを日本で開催する。
2015年、女子のプレーヤーを300,000人にする。

2.なでしこジャパンを世界のトップクラスにする。
■U-20/U-17ワールドカップに出場。ひとつでも多くの試合を経験し、メダルを目指す。
■ワールドカップ/オリンピックに出場し、メダルを獲得する。
2015年、FIFA女子ワールドカップで優勝する。

3.世界基準の「個」を育成する。
■なでしこジャパンにつながる、タレントの発掘・育成システムを充実させる。
■女子の携わる指導者のレベルアップを図る。

そして、「なでしこ」らしく・・・。
「なでしこ」らしい選手=日本女子サッカー選手の姿、目指す姿
「なでしこ」らしさとは
ひたむき 芯が強い 明るい 礼儀正しい
「なでしこ」らしい選手になろう!「なでしこ」らしい選手を育てよう!

未来のなでしこプロジェクト

女子サッカー普及施策「なでしこひろば」を新展開本日より、参加事業者の募集を開始今年2013年8月、JFA は「なでしこビジョン」の実現に向けた施策として普及・育成事業をシステマチックに再編し、「未来のなでしこプロジェクト」を立ち上げました。「未来のなでしこプロジェクト」は、普及・育成に関する様々な事業を総称します。またこれまで事業ごとに協賛いただいていたものを、目的、考え方・方向性などへの共感・賛同をもとに、複数事業を多角的に支援いただくことで、日本女子サッカーのさらなる発展につなげることを目指します。